FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ん…、何か変…?
Digital Gallery 170 / Amblyeleotris diagonalis
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + INON UCL-330 M67
f7 1/125 ISO100

*********************************************************************************


 昨年に続き今年も共生ハゼの当たり年と言っていいでしょう。いろんな種類の共生ハゼを数多く見ることが出来ます。数が多いということは、棲息密度が高くなるというわけで、すでに何度かUPしているネジリンボウの例もそうなのですが、共生ハゼの住宅問題は深刻なのかもしれません(笑)。
 ハチマキダテハゼは、わりと肝が据わっていて図々しいのか、逆に気が弱くて巣穴を確保出来ないのか、他のハゼの棲んでいる巣穴に一緒に居ることが多いような気がします。

 ちなみにこのとき、最初は、この3匹ではありませんでした。
 最初はハチマキダテハゼとダテハゼ1匹の2匹でした。これはオモシロイ…と撮影しようと思ったら、なんと、巣穴からオニハゼが姿を現したではないですか。おぉッ!3種同居かぁ!…と、とりあえず1枚シャッターを切ったら、オニハゼはすぐに引っ込んでしまいました。(下段上の写真) 
 …で、またオニハゼが出てこないかなあ…と待っていたら、出てきたのはオニハゼではなくダテハゼでした(下段下の写真)。
 どうやらダテハゼ2匹はペアのようです。仲の良い2匹と違和感のある1匹という雰囲気を狙っていたら、イイ位置にダテハゼが動いてくれたので、逃げられないようにソォーッと近づいて撮ったのが、今回のGalleryの写真です。
 こんなのをノンビリ見てるから人気ネタを見つけられないんだろうな…(苦笑)。

ダテハゼとオニハゼとハチマキダテハゼ
ダテハゼのペアとハチマキダテハゼ


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/11/25(金) 23:48:35Photo Gallery trackback:0 comment:0 Digital Gallery 170 / Amblyeleotris diagonalis
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.