Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

Digital Gallery 167 / Sepia tokioensis
Digital Gallery 167 / Sepia tokioensis
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + INON UCL-330 M67
f6.3 1/40 ISO100


*********************************************************************************


 今日、生まれて初めてマンタを見ました。ずいぶん前のことになるのですが、伊豆でもマンタを見られることがあるらしいと知ってしまったため、伊豆で見るまでは、いわゆる有名な"マンタウォッチングポイント"には絶対に行かないと拘り続け、気が付くともう少しでLOG本数が4桁に届きそうな今日までマンタを見ることの無いダイビングライフが続きました。
 南の海でマンタを見てきたなんてハナシを聞かされることはよくあることなのですが、正直言って羨ましくもなんともなかったです。見れるのが当たり前のものを見るなんて…そんなのは出遭いでもなんでもない…チャラチャラした連中の合コンと一緒だ!…と(笑)。

 …で、今日の昼ごろ、深澤嬢@大瀬館から、岬で出たらしいという話を聞き行ってきました。こうゆう時は、見れないものだと思っていたので、ダメだった場合の行動まで計画していたのですが、意外にアッサリと念願は成就してしまいました。

 最初は、多くの人が目撃したというイソギンチャク畑へ向かったのですが、あまりのダイバーの多さにイヤになってしまい、okaから教えてもらったカシワハナダイを見に行きました。そこには先客が居たので、3分間ほど底モノを探しつつウロウロと時間を潰し、その後、カシワハナダイを撮影…、海底に小さなアラリウミウシを見つけたので撮影しようとしたとき、ふと見た沖をヒラヒラと泳ぐ黒い影が…。

 あ…マンタだ…

 かなり慌てて、クローズアップレンズを装着したままカメラを向けてしまいました。もちろんピントは合うはずもなく、レンズはジージー…と無意味なAF動作を繰り返すのみ。そこで気づいてクローズアップレンズを外してカメラを構えたのですが、距離が遠いし、透視度イマイチで暗くてうまくいかない…。でも、とりあえず1枚シャッターを切ったのですが、絞りf8でシャッター速度1/250秒!モニターは真っ暗。こうゆう時はムービーモードだ!…とモードダイヤルを回そうとしたのですが、僕のC740のモードダイヤルはリコール対象ではないかと言われているぐらい有名な空回りトラブルを抱えている代物…。ダメだ!見るしかない!…と、カメラを投げ捨て、マンタの後を追ったのですが、アッサリとぶっちぎられてしまいました。まあ、当たり前ですね(苦笑)。

 見れたからいいか…。

 その後、サービスに戻ってから、いろんな人の目撃談を聞きました。目の前で旋回してくれて、触れそうなぐらい近くまで寄れたとか…。かなりたくさんの人が見ることが出来たようです。なにはともあれ、深澤嬢に心から感謝の気持ちです。

 …で、前置きが長くなりましたが、写真はスジコウイカ(だと思う)の産卵シーンの一コマです。個人的に今日いちばん充実したのは、これを見て撮影した約20分間でした。ちゃんと写真も撮れましたし(笑)。
 カイメンの中に、そおっと…という感じで卵を産みつける雌と、その上方で激しくネオンのように体色を変化させる雄。なんとも言えない濃密な時間でした。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/11/13(日) 22:45:54Photo Gallery trackback:0 comment:6 Digital Gallery 167 / Sepia tokioensis
コメント
この記事へのコメント
> TAKAさん
 大瀬のマンタ、けっこう多くの人たちが目撃したようです。僕は、かなりサッパリした出遭いだったんですが、人によっては、触れるぐらい近くで、しばらくの間、旋回してくれたりしたようで、羨ましいです。

 写真は、余力でやるもんだと思ってますから(笑)。まず最初にダイビングありき…で、ゆとりを持って、楽しむのがいちばんです。もちろん撮影そのものも、無理せず撮ることが、良い結果を生むと思います。何よりも、その方が、海にも優しく出来ると思いますしね。
2005/11/18(金) 01:06:37 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
マンタ
そうそう!
TAKAの友達この前真栄田でマンタ見てましたo
いいなぁ~~~
そしてまた別の友達が、matsukawaさんが見たマンタと同じマンタを見てました!

そうじゃないともっと難しいですよ(笑)。

そぅですよねっ!
デジ持ち始めて、TAKAは欲張りになってしまった感じがしてますo 
反省反省・・・matsukawaさんみたいに人の心を動かす写真を撮りたぃですo
2005/11/16(水) 08:59:07 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> TAKAさん
> それがなかなか難しぃんですょね(>_<)

 そうじゃないともっと難しいですよ(笑)。
 欲を出さないことです。

 なんて言いつつ、僕もけっこう失敗してます。
 今回のマンタとか…。

 マンタ、沖縄本島でも時々出るんですよね。
 僕は一回ニアミスしてます。
 タンク屋の兄さんに「今日は真栄田がイイはずですヨ」と言われていたのに、瀬良垣に行ってしまったんですが、その日、真栄田でマンタが出て、けっこうたくさんのヒトが見たそうです。このときはチョット悔しかったなあ。
2005/11/15(火) 22:09:38 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
そぅゃって
>コツは、楽に撮れるときを狙って撮る!(笑)…です。

サラリと言ってのけちゃぃますが、それがなかなか難しぃんですょね(>_<)
まずは生態知らなぃと発言できなぃコトバですもんっ☆

しかし伊豆でマンタ・・・感動ですね!!!
TAKAもまだマンタ見たコトなぃんですo
運命の出逢ぃを待ってるんです(笑)
大潮の時が出逢ぅ率が高くなるって聞きましたo
2005/11/15(火) 09:23:08 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> Yuji Izumi さん
 こんにちは。
 コメントありがとうございます。
 最近10倍ズーム機もポピュラーになりつつありますし(特に僕の周りでは)、長焦点距離や高倍率というメリットを活かした表現をする方も増えてきたようです。皆さん上手ですしね。
 …で、また違った事と言うか、このカメラの持っている能力をトコトン使い倒してやろうかな…という感じで、アプローチしています。

 イカの仲間の産卵は見ていて楽しいです。とてもキレイですしね。産卵行動中は、気持ちがソッチ方面にいっているせいか、わりと撮影者に対する警戒心が弱くなっているように思います。ようするに、コツは、楽に撮れるときを狙って撮る!(笑)…です。
2005/11/14(月) 20:37:15 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
相変わらずスゴイですね!
警戒心を与えずに寄るコツなどあるのですか?
いつも本当にビビる写真ばかりで唸ってしまいます・・・
2005/11/14(月) 09:33:44 | Yuji Izumi | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。