FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

オニハゼ / 大瀬崎
ハゼ科 / Gobiidae
オニハゼ / Tomiyamichthys oni (Tomiyama, 1936)


 伊豆の各エリア同様、大瀬でもホタテツノハゼ属の一種が数多く確認されていて人気を呼んでいます。僕も6個体ほど見つけているのですが、今年はまだ雄の撮影に成功していません。oka@アルバイトが雄の写真をキレイに撮ってきていたので、訊くとけっこう寄れたとのこと。それなら…と、場所を案内してもらい撮影に行ったのですが、やはり雌しか出てきてくれず、雄の撮影は出来ませんでした。
 …で、仕方が無いので撮影を諦め、別の個体を探していたら、せっせと作業中のコトブキテッポウエビの姿が目に入りました。これは!…と思ったら、同居のハゼはオニハゼでした。このパターンも今年は少なくないのですが、ネジリンボウ系やホタテツノハゼ系以外のハゼがコトブキテッポウエビと一緒に居るのは、大瀬のシーンとしては逆に違和感を感じてしまうというのが不思議です。下町で純和風のオッサンがブロンドお姉ちゃんと一緒に居るような…。
 でもまあ、ちょっとデラックスな感じの大瀬のオニハゼの写真が撮れたという事で、メデタシメデタシということにしておこう。
 
 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/11/03(木) 20:27:14Fish trackback:0 comment:0 オニハゼ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.