FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

タカベ / 大瀬崎
タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)


 大瀬の現地ガイドに「今の見所は?」と尋ねたら、ほとんどの方が、このタカベの大群をお奨めするのではないでしょうか。湾内でも外海でも、100%に近い確率で見ることが出来るのですが、特にデカイ群れに当たったときの迫力は半端じゃありません。
 極めて客観的に思い入れを排除して正直に言うと、神子元あたりに行けば、もっと凄い群れを見ることが出来ます。下手したら「タカベの大群ぐらいしか見ることが出来なかった…」なんて言われてしまうことも多々あります。
 でも、体験ダイビング…いや海水浴レベルの気軽さで、この迫力を堪能できるのは大瀬だけだと思います。もちろんダイビングにおいても、ボートポイントにありがちな制限やリスクは皆無です。残圧・減圧・潮流・時間・水深・移動…といったリスクに絡んでくる要因を考えると、この気軽さは大きな魅力です。誰もが、本当にじっくりと見ることが出来て、本当にじっくりと撮影することが出来るというのは、こうゆう条件が揃ってこそ出来ることだと思います。それともうひとつ、大瀬をホームゲレンデとしているからには、やはり"大瀬で見る"ということに価値を感じます。
 本当は銀塩を持ち込んで超広角で狙いたいところなのですが、"誰でも撮れる写真"というのが、ここのコンセプトですから、あえて、いつものコンパクトデジカメ(OLYMPUS C740 と PT018 のみ)で、もちろんワイコンも外部ストロボも無しです…(持ってませんから)。最も安上がりなやり方でも、今の大瀬湾内ならカンタンに、このぐらいは狙えますヨ(笑)。今がチャンスです!


タカベ / 大瀬崎
タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)






タカベ / 大瀬崎
タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)


 あまりきれいな画像じゃないんで、UPするのをためらってしまうのですが、たくさんいるってことが分かってもらえるかな…と思うので。これも大瀬湾内水深9mで撮影しました。


タカベ / 大瀬崎
タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)


 スピード感も満点です!





 より迫力を味わってもらうためにムービーもUPしました。例によって、デジカメで撮ったムービーなので、画質云々はイマイチです。あと、編集の仕方とか分からないので撮りっぱなしの映像ですから、少々見苦しいところがあるかもしませんがご勘弁ください。メチャクチャにファイルがでかいので、ダウンロードするのにかなり時間がかかると思います。お暇な方だけどうぞ(笑)。
 下の写真をクリックすると動画ダウンロードページに入れます。

大瀬湾内タカベ大群のムービー
大瀬湾内のタカベ大群の動画はこちら


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/10/31(月) 23:53:37Fish trackback:0 comment:4 タカベ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
タカベ / 大瀬崎
> TAKAさん
 いいですよ~!大瀬のタカベの群!
 沖縄本島で群れを見るとしたら何処が良いんでしょうね。やっぱり北部とかになるのかなあ。
 ボラと言えば、伊豆のボラの回遊も凄いですよ。

> J.TSUKADAさん
 コメントありがとうございます。
 湾内はワイドからマクロまで楽しめるオールマイティなポイントですよ。魚影に関しては、場所によっては外海よりも濃いですから。
 
> imaiさん
 ダウンロードお疲れ様でした。ほんと大変だったでしょう(笑)。
 編集とかすれば良いんでしょうけど、さすがにそこまで手が回らなくて…。
 でも、映像よりもホンモノの方が断然イイですから、ぜひ潜りに来てください!お待ちしてます!
2005/11/01(火) 18:22:55 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ムービー
ムービー見ましたよ!
MOVもAVIも両方ダウンロードしたんですが、
昼食前に開始して、食後に戻ってきたら、まだダウンロード中でした(´ー`;)
でも、MOVの方がぜんぜん画質が良いですね。AVIの映像よりも10倍ぐらい魚の数が多いように見えます。

タカベの大群見に行きます!
2005/11/01(火) 15:41:23 | imai | #ytEHlhsw[ 編集]
はじめまして
いつも楽しく見させてもらっています。

大瀬崎湾内と言えばマクロというイメージがあるのですが、
こんな大群も見ることが出来るんですね。
湾内おそるべしです。

また見に来ます!
2005/11/01(火) 15:08:15 | J.TSUKADA | #4srJ6FA6[ 編集]
この前大瀬に潜りに行った友達が、タカベに巻かれた!って言ってましたo ほんまにすごいですねぇ!!! TAKAも、以前に和歌山で潜っていた頃タカベに出会ったことがありました。。。こんな大群ではなかったo 沖縄では今はこんな魚群に逢うことないですよo もう少し寒くなると、崎本部でボラの大群に逢えるかな。。。
2005/11/01(火) 09:22:58 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.