Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

Digital Gallery 162 / Lubricogobius exiguus
Digital Gallery 162 / Lubricogobius exiguus
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + PCU-01
f3.5 1/80 ISO100




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/10/21(金) 22:25:31Photo Gallery trackback:0 comment:8 Digital Gallery 162 / Lubricogobius exiguus
コメント
この記事へのコメント
> TAKAさん
 イヤになるぐらい泳がなくちゃならないでしょうね。…で、可能性は極めて低い(笑)。探すって、無駄の繰り返しって感もありますよね。もちろん効率的なアプローチが重要なんですけど。(効率的なアプローチといえば大瀬に来れば100%見れますけど(笑))
 真栄田とかならあまり泳がなくてもいいですけど、けっこう深めじゃないと入らなそうですし…。
 まあ、逢えたらイイなあ…って思ってれば逢えるかもしれませんヨ(笑)。
2005/10/31(月) 12:56:20 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あの。。。
崎本部沖の水深20m以深って。。。
相当泳がないとならないですが(^^;
でも、ミジンちゃんに逢えるなら頑張る?!
石垣のミジンちゃんの画像見ました!
ナカモトさんの方が大きいのですねo
「逢えるかも?!」ってのが、またそそられますよね~^^
2005/10/31(月) 12:11:08 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> TAKAさん
 可能性はありだと思いますよ。もちろん極めて低い可能性だとは思いますけど…。
 雰囲気として怪しいのは崎本部の沖の方とか、雰囲気的にはイイ感じなんですけどねえ。チョット(かなり(笑))泳いで水深20mより深めあたりに、サザエとかをばらまいておきたいです。
万座エリアのナカモトイロワケハゼが出るあたりも候補なんですけど、チョット深すぎますから…。
 ちなみに、沖縄初記録らしき石垣のミジンバニハゼはdivernkさんのサイト→http://www.cosmos.ne.jp/~divernk/ に写真がUPされてます。

2005/10/29(土) 20:44:32 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
本部も
可能性アリですかっ!?
TAKAは本部に住んでます。。。サザエ。。。
水中にサザエ結構殻が転がっているんですけどo
どんなところに居そうなんですか?
頑張って探しちゃいます☆
2005/10/29(土) 09:51:52 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> TAKAさん
 僕の中では反則ギリギリって撮り方なんですけどね。後輩がとても可愛く撮っていたもんで、大人気無く対抗してみました(笑)。本物はけっこう厳つい顔してるんで、あんまりリアルじゃない写真です。
 今年の夏、知人が石垣島でミジンベニハゼの撮影に成功してますし、海外の南の島でも見られているんで、本島にもいるんじゃないかなと思いますヨ。砂辺とかRED、あるいは本部あたりに、たくさんサザエを置いておくとかしたら入るかも(笑)。
2005/10/28(金) 12:03:07 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ほんまにカワイイですね!
ほわぁ~んとしたピンクが、優しい感じですo
しかしミジンちゃん、ほんとヒレがでっかいですね!
そこがまたカワイイところなんでしょうかo
TAKAにも逢える日が来ますように。。。
2005/10/28(金) 09:47:57 | TAKA | #iT7J3SII[ 編集]
> 高橋さん
 珍しく彩度を下げずに撮りました。でも、それは失敗だったかも…(苦笑)。

 UW. PHOTO TECHNIQUEは、わりと好き放題書いてます。ここみたいにパブリックな形で公開している場合、やはり、言葉を選ばなきゃならないなあ…と思ったりしたもので…。そんなわけで、向こうはパスワードをかけています。ここに(向こうにも)直近に何度か書き込んでくれている方なら、メールいただければパスワードをお教えします。パスワードは週イチで変更してます。まあ、読んでもらうことが目的じゃなく、自分自身のためのガス抜きみたいなものですから(笑)。
2005/10/23(日) 22:32:40 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
UW. PHOTO TECHNIQUE ?
このミジンベニハゼの写真、好きです!
メールで「可愛く撮ってくるんで」と書かれていたので、楽しみにしていたのですが、本当に可愛く撮られていますね。とても癒されます(^^)。

ところで、メニュー欄にUW. PHOTO TECHNIQUEとあるのですが、新しいコンテンツですか?パスワードが必要なようなのですが、とても気になります。
2005/10/22(土) 01:45:40 | 高橋 | #4wCsKEYI[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。