Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

Digital Gallery 160 / Amphiprion clarkii
Digital Gallery 160 / Amphiprion clarkii
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + PCU-01
f4 1/10 ISO100




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/10/17(月) 01:58:59Photo Gallery trackback:0 comment:2 Digital Gallery 160 / Amphiprion clarkii
コメント
この記事へのコメント
根が天邪鬼なもので(笑)
 肯定でも否定でも、分かりもしないヒトに決め付けられるのが嫌いなんですヨ(笑)。

 ちなみに、一歩間違わなくても、これはネイチャーフォトとしてはヘタウマ路線になるでしょうね(笑)。その線を狙って撮りましたから。

 どうゆうわけか暖かい南の海からチョット寒めの伊豆の海流れてきてしまって、それでも頑張ってるクマノミの幼魚というのを、どう表現しようか…と考えて、「震え」のイメージをスローシャッターで表現してみました。
2005/10/17(月) 16:20:57 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ふむ
いろいろ試してるなあ。
写真としての体裁をギリギリのところまで削ってるというところですか。
一歩間違うとヘタウマ路線だけど、ヘタの方に転がってしまわないあたりが流石ですね。
2005/10/17(月) 15:07:33 | kaz | #S2LX5eH6[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。