Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ヘビギンポ / 大瀬崎
ヘビギンポ科 / Tripterygiidae
ヘビギンポ / Enneapterygius ethostoma (Jordan et Snyder, 1902)


 ヘビギンポの産卵行動というのは、見ていると時が経つのを忘れるぐらい面白いです。水深が浅いから、時が経つのを忘れても、あんまりモンダイ無いですしね。
 上の写真は見ての通り、いわゆる3Pです(笑)。魚類の多くの種において、一夫多妻はごく当たり前のことなのですが、ヘビギンポの場合は、その観察し易さと、行動の分かりやすさから、人間模様(魚模様)が、あからさまに見えてくるというのが面白いところです。
 今回の場合、最初はこの岩に、大きな個体のペアと小さな個体のペアの2組のペアが居たんです。ところが、小さな個体のペアの方の小さな雌は、すぐ近くに居た写真の大きな雄に惹かれてしまったようで、大きなペアの方に仲間入りしてしまいました。…で、写真のように、絵に描いたような「川の字」状態に至ったというわけです。ふられた小さな雄は、時おりすごいスピードで飛び込んできて、産み付けられた卵に放精して去っていくというスニーカー行動に出ることになるのですが、大きな雄から何度か手痛い攻撃を受け、離れた場所に逃げてしまいました。
 その後、この3個体は、せっせと繁殖行動に勤しむわけですが、この小さな雌が積極的と言うか何と言うか、自ら雄の方に擦り寄っていくのが、へぇ~…という感じでした。雄は大きな雌の方を好きみたいだったんですけどね。


ヘビギンポ / 大瀬崎
ヘビギンポ / 大瀬崎
ヘビギンポ科 / Tripterygiidae
ヘビギンポ / Enneapterygius ethostoma (Jordan et Snyder, 1902)




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/10/14(金) 00:31:01Fish trackback:0 comment:0 ヘビギンポ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。