FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

20041227223046.jpg
Antennarius maculatus (Desjardins, 1840)





 定番アイドルですんで、載せておかねばならんでしょう。

 クマドリイザリウオは南方系のイザリウオですんで、伊豆よりも沖縄とか南の海の方が多いはずです。…が、過去の情報や、僕の経験からくる雰囲気としては、伊豆の海が「最も観察しやすい海」です。探す目の数が多いというのが、その最大の理由だと思うのですが、環境的にも南の海よりも伊豆の方が探しやすいような気がします。まだ本格的に南の海でのイザリウオ探しというのをしたことはないのですが、やってみたらどんな感じなんでしょうね?

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2004/12/27(月) 22:47:46Fish trackback:0 comment:0 クマドリイザリウオ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.