Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ハナハゼ / 大瀬崎
ハナハゼ / 大瀬崎
クロユリハゼ科 / Ptereleotridae
ハナハゼ / Ptereleotris hanae (Jordan et Snyder, 1901)


 大瀬崎では、水深3~4mの浅場から20m以深の深場まで普通に見られる遊泳性が強いハゼの仲間です。
 以前はオオメワラスボ科 / Microdesmidaeの一亜科とされていたのですが、日本のハゼを当たってみたところ、現在はクロユリハゼ科 / Ptereleotridaeとして独立した科とみなされるようになったようです。分類において見た目の印象だけでの判断することがナンセンスなことであることは重々承知しているものの、ハナハゼなどよりもさらに細長~い体形や、背鰭が1基しかないなど、いわゆる一般的なハゼの仲間としては異彩を放つオオメワラスボ科とするには、微妙に違和感を感じていただけに、個人的には少しスッキリした思いです。
 …とは言うものの、このハナハゼも大瀬崎で見られるハゼの仲間としては、かなり独特なムードを放っている種だと思います。特にやや薄暗い環境下で、軟条先端が糸状に伸びた尾鰭を揺らめかせながら蛍光ブルーに輝きホバリングする様は実に美しく、いわゆる一般的な"ハゼ"という魚に対するイメージとは別のムードを感じるのではないでしょうか。フォトジェニックかつ魅力的な魚だと言えるでしょう。



ハナハゼ / 大瀬崎
クロユリハゼ科 / Ptereleotridae
ハナハゼ / Ptereleotris hanae (Jordan et Snyder, 1901)


 成魚は、通常、単体かペアで居ることが多いのですが、大群になって中層に集まっていることもあります。普段は、プレッシャーをかけると、共生ハゼの巣穴や岩などの下の隙間に逃げ込むのですが、大群を作っているときは、群れ全体で泳いで逃げていくことが多いです。



ハナハゼ / 大瀬崎
ハナハゼ / 大瀬崎
クロユリハゼ科 / Ptereleotridae
ハナハゼ / Ptereleotris hanae (Jordan et Snyder, 1901)


 よく見かけるのは、上写真のようにダテハゼなどの共生ハゼの巣穴上方をホバリングしている姿です。高いところで見張っているという雰囲気もあるのですが、どうなんでしょう?最前線での見張りと言うと"勇気"を感じますが、実際には、ちょっとしたプレッシャーで、真っ先に巣穴に飛び込んでしまい、その姿からは"臆病さ"を感じます(笑)。



ハナハゼ / 大瀬崎
クロユリハゼ科 / Ptereleotridae
ハナハゼ / Ptereleotris hanae (Jordan et Snyder, 1901)


 気になるのは、この居候のようなハナハゼを、ダテハゼがどう思っているのか、その本音のところです…。



ハナハゼ / 大瀬崎
クロユリハゼ科 / Ptereleotridae
ハナハゼ / Ptereleotris hanae (Jordan et Snyder, 1901)


 もちろん愛すべきキャラクターであることは、言うまでも無いのですが。



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/10/05(水) 07:39:27Fish trackback:0 comment:7 ハナハゼ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
そうか…
 高橋さんだったんだ…(笑)。
2005/10/06(木) 03:26:47 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あ・・・
本当だ。
高橋さんの数え間違いが悪いと思います(⌒_⌒;)
2005/10/06(木) 01:25:51 | imai | #OkNlueJY[ 編集]
> matsunumaさん
 ん…?
 このところアップしたハナハゼの写真は9枚なんだけどなあ。152が忘れられてるのかな…、個人的にはイチバン気に入ってるんだけど…(苦笑)。やっぱり、更新ペースが速すぎるのかな…。
 今の季節がハナハゼ狙いには最高だと思いますよ。寄るコツは、とにかく丁寧に寄る事。砂を巻き上げず、排気音を静かに、出来るだけ低い姿勢で速やかに…です。
 早く病気治して見に来ましょう!! 
2005/10/05(水) 22:33:36 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
すごい!
いやぁホントにすごいですよね
私は昨日から熱にうなされてるっていうのに、153のハナハゼに始まりこの7枚!!もうろうとしながらもクギ付けですよ!!
びっくりしちゃってokaちゃんとも驚き合っちゃいました!!
だいたいカメラなしでもこんなによく顔を見たことがないですよ。。
たいてい逃げられちゃうので・・。
毎回失敗してますが、今度こそ撮りたいです
2005/10/05(水) 21:37:43 | matsunuma | #-[ 編集]
> 高橋さん&imaiさん
 その通りです。全部で4個体撮りましたから。打率はイマイチですね。僕は打率よりも、打点と本塁打を狙います(笑)。
 
 
2005/10/05(水) 19:07:37 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> 高橋さん
あ・・・でも、ここの写真は、すべて同一個体じゃないですよね。尾鰭の糸の数が違うような・・・。少し打率低下?(^o^)
2005/10/05(水) 12:49:26 | imai | #OkNlueJY[ 編集]
高打率
7分間、20カットって話でしたが、このところ公開されている写真だけで8枚。素晴らしい高打率ですね!この辺が素人の私との違いなんでしょう。
一番下のクローズアップした写真が可愛くて好きです。
2005/10/05(水) 11:47:22 | 高橋 | #MTUYHDwc[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。