FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

Digital Gallery 152 / Ptereleotris hanae & Amblyeleotris japonica
Digital Gallery 152
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018
f6.3 1/40 ISO100




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/10/02(日) 22:29:47Photo Gallery trackback:0 comment:4 Digital Gallery 152 / Ptereleotris hanae & Amblyeleotris japonica
コメント
この記事へのコメント
> 高橋さん
 根気が無いもので粘れないんですヨ(笑)。…と言うか、撮れないものは粘っても撮れないですし、撮ることに執着してシッカリ見る事が出来なかったら馬鹿みたいだし、他にも見たいものや探したいものがいっぱいあるんで、一ヶ所に長く居ることはあっても、一被写体の撮影だけに無意味に長時間かけることはしないです。見る時間は長いですけどね。
 まず、撮れる個体(引っ込まないダテハゼ&引っ込んでもすぐに出てくるハナハゼ)を見つけます。構図をイメージしたら、その辺にある(居る)適当な被写体を選んで2カットぐらいを試写。露出設定と撮影位置(距離)を決めます。…で、あとは連写ですね。
 ピントが合わなきゃライトの光を当てますし、それで逃げたら諦めます。引っ込んで出てこなくなったら、それはそれで諦めます。とにかく、攻めるか退くかのメリハリが肝心だと思いますよ。撮影は男らしくいきましょう(笑)。
 ダイビング時間は無限ではないですし、時間をかければかけるほど減圧症リスクは加速度的に増大しますから。
 ちなみにこのハナハゼは、水深12mで撮影時間7分間、20カットぐらい撮りました。僕にしてはかなり粘った方かもしれません(笑)。
2005/10/03(月) 13:24:39 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> TERUさん
 ありがとうございます。
 自己採点すると100点ではないんですけど、75点ぐらいというところです。
 本当は背景を青抜きしたかったんですが、出てくるハナハゼを狙いやすい撮影位置が青抜きしづらい位置だったので諦め(減点5)、ハナハゼがあとほんの少し上昇したところで鰭が開いたところを撮りたかった(減点5)、ハナハゼとダテハゼで「逆Cの字」になるような絵を狙いたかった(減点5)、ストロボ光の当たり方が不自然(減点5)、ニシキテッポウエビがもっと穴の外に出ている方が良かった(減点5)…というところです。
 失敗カットも量産しましたよ。20カット中半分以上はピンボケでしたし、ハナハゼが予想を裏切る出てき方をするもので…(苦笑)。"Photo BBS"(http://www47.tok2.com/home/aquaspace/PhotoBBS.htm)の方に失敗カットをUPしておきましょう。
2005/10/03(月) 13:00:44 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
matsukawaさん、こんにちは。
狙って狙い通りに撮ってしまうという感じがmatsukawaさんの作品らしいところで、凄いです!

2005/10/03(月) 10:48:50 | TERU | #RcwPtZms[ 編集]
これは撮りたかったシーンです!
前に狙ったことがあったのですが、私には撮れませんでした。
流石matsukawaさんだと思います。
かなり粘って撮ったのでしょうか?
2005/10/03(月) 09:28:52 | 高橋 | #MTUYHDwc[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.