Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

Digital Gallery 148 / Neoclinus bryope
Digital Gallery 148
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + UN PCU-01
f3.2 1/400 ISO100



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/09/26(月) 01:01:36Photo Gallery trackback:0 comment:11 Digital Gallery 148 / Neoclinus bryope
コメント
この記事へのコメント
> 高橋さん
 フォローありがとうございます。でもホメ殺しっぽいのは無しにしましょう。kazも分かってて言ってますから(笑)。何と言うか、いつも言ってることですけど、活字にすると"思い"のニュアンスが伝わらないですよね。メールでもここやBBSでのコメントでも、書いていて、自分の文章を「我ながらクドイなあ…」と思うことがよくあります(苦笑)。でも、活字は後で読み返せるものだけに、伝えておくべきことはきちんと伝えられるようにしないと…と思うと、端折らないで書くことになって、結果としてクドくなっちゃうんですよね。…で、クドくならないように書こうとすると、ちょっとキツイ感じになってしまうのかな…。文を書くのは難しいです(苦笑)。
2005/09/29(木) 20:37:03 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> matsukawaさん
言われていること、よく分かります。私も盗作などには強い不快感を感じますから。ニュアンスを言葉にするのは難しいのですが、文字で書くとmatsukawaさんが書かれているようになりますよね。
> kazさん
直接resするのは初めてですね。
私は以前、3つのダイビングショップに行ったことがあります。そこで写真が得意だというイントラの方々のお世話になったのですが、正直言って勉強不足と言うか、写真のことを何も知らないと言っていいぐらいの方々でした。質問しても的外れな誤魔化し方をされて、ただ御世辞を言ったり、変なところでここはこうしなければならないなどと説明されたりして、イントラ不信になっていたんです。そんなとき、matsukawaさんのことを知り、こんな人も居るのだと目から鱗が取れたような気持ちになりました。知識と経験に裏づけされたアドバイスは分かりやすく確かなもので、言われたとおりにしただけで上手く撮れて、自分が上手くなったかのような錯覚を覚えるほどでした。それに、実際に御一緒させていただくと、とても親切で温和な方で、ホームページなどでの少々シニカルな気配は微塵も感じられなくて驚いたぐらいです。kazさんの言われていることは分かりますが、私自身は厳しく感じていませんから、ご安心ください(笑)。
2005/09/29(木) 14:17:00 | 高橋 | #2M1o2r7U[ 編集]
> kaz
 厳しいかなあ?(笑)
 商売っ気って、100点取れるはずのヒトに60点ぐらいのところで御世辞言って、進歩を止めてしまうようなやり方とか、そうゆうありがちな感じのこと…?少なくとも、そうゆうのよりは、ずっと誠意があると思うんだけどなあ。
 低次元なところでのナアナアの褒めあいとかって、かなり気持ち悪いですし(笑)。僕がそれをやってしまったら、他の人を下に見ていると言うか、馬鹿にしてるようで、むしろ失礼だと思うのですが。
2005/09/29(木) 00:04:59 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あいかわらず厳しいねえ・・・。
もっと商売っ気出さなきゃ!(笑)
2005/09/28(水) 23:37:14 | kaz | #GrEhgPsw[ 編集]
> 高橋さん
 そうそう、のびのびと撮ればいいんですよ。
 でも、同じになってしまったら、その時点で棄権って感はありますけど…。同じように撮った写真には興味は無いですし、同じように撮るという行為にも興味無いですし、それを良しとすることにも興味が無いです(笑)。
 これは、あくまでも個人的な感覚ですから。興味無いってだけで、ダメだ!ってことじゃないですけどね。
2005/09/28(水) 21:42:15 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
そうですね。私のような初心者の場合は、まずは練習。どうすればどう撮れるかを知ることからですね。
> 結果として似てしまうということも多々あると思います。
やっぱりそういう場合は仕方が無いのですね。真似して撮ろうとしなくても同じようになってしまうことはありそうですしね。
2005/09/28(水) 19:50:39 | 高橋 | #MTUYHDwc[ 編集]
> 高橋さん
 練習のためなら真似するのも良い方法でしょう。どうすればどうなるのかを知るために…つまり技法を学ぶために、まず、どう撮りたいという目的があって、それに近づけていくことは、とても理にかなったアプローチの仕方だと思います。以前、何かの本で読んだのですが、画家のレンブラントは、技術を習得させるため、弟子達に自分の作品の模写を徹底的にやらせたそうです。そのことがレンブラント作品の贋作が数多く出回ってしまうきっかけになってしまったというネガティブな側面を生み出してしまったものの、だからと言って、本質的にはレンブラント本人の作品の価値を下げることにはならないでしょう。
 僕が「真似しないように」という意識を持っているのは、それを作品として見てもらおうという思いがあるからです。作品にとってオリジナリティというのはとても重要な要素ですから。
 ただ、ネイチャーフォトの場合、主役は作品(写真)や作者ではなく、被写体だという思いも強く持っています。結果として似てしまうということも多々あると思います。だから、その辺のことは、あまり気にしないようにはしているんですけどね。これは、自分も他人も含めてです。
 自分らしいスタイルを作っていきたいという思いを持つことは素晴らしいことだと思います。ぜひともがんばってください!才能よりも努力ですヨ!才能ってよくわからんです(笑)。 
2005/09/28(水) 13:53:14 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
> 「人の真似をしないようにしよう」という意識
私はmatsukawaさんの写真の真似をしようと必死なんですけど・・・i-241。でも確かに「真似」というのは、少々情けなくもありますね。いろいろなホームページを見ていると、発表されるタイミングなどから、これは真似だな・・・と思うような写真がたくさんあります。matsukawaさんの作品のように多くの人が見に来ている場合、露骨に真似されることも多いと思います。私も自分らしいスタイルを作っていきたいのですが、その方法も分かりません。やはり才能でしょうかi-230
2005/09/28(水) 12:40:57 | 高橋 | #niR.yMNw[ 編集]
> 高橋さん
 う~ん、「…ならでは」ってのはチョット無理がありますヨ(笑)。他の人には出来ないことをやってるわけではないですから。僕自身は「人の真似をしないようにしよう」という意識はありますけど。
 コケギンポですが、最初の頃のようなミニサイズの個体が少なくなってきたので、380mm域最短撮影距離を使いづらくなってきて、また違ったアプローチの仕方を考えないとなあ…と、思っているところです。
 
2005/09/27(火) 00:05:16 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
コケギンポギャラリー延長大歓迎です。キンギョハナダイもそうですがコケギンポも、一種を徹底的に撮るmatsukawaさんならではの作品になっているように思います。
2005/09/26(月) 17:48:45 | 高橋 | #8.1uDoBg[ 編集]
 Galleryでのコケギンポ写真は、しばし打ち止めに…なんて、チョット前に書いたんですが、このコが、すごくいいポジションに居ついてくれて、前から狙っていたイメージ通りの写真が撮れたもので…。
2005/09/26(月) 01:05:44 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。