Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ミジンベニハゼ / 大瀬崎
ミジンベニハゼ / 大瀬崎
ミジンベニハゼ / 大瀬崎
ハゼ科 / Gobiidae
ミジンベニハゼ / Lubricogobius exiguus Tanaka, 1915


 カワイイ!…と人気のミジンベニハゼ。確かに僕はミジンベニハゼはカワイイと思います。ちなみに、人気薄な茶色系迷彩色のイザリウオもカワイイと思いますし、サツマカサゴもカワイイと思います。わりと節操無く、海の魚たちはみんな好きですね。コイツは嫌いだなあとか、興味無いとか、あまり思わない方なんで…。
 何と言うか、いわゆるレア物と呼ばれたりしてしまう魚が出たりしたときに、その騒ぎっぷりに対して、「それほど興味無いし…」とコメントしたりすることはありますが、それは、あくまでも相対的なハナシですから。

 …で、結構きちんと見た上で感想を述べることにしましょう。「ミジンベニハゼはカワイイ」…と。

 でも、ミジンベニハゼって、かなり厳つい顔をしているってことを知っている人ってどれぐらい居るんだろう?…って思いますね。黄色くて小さくて、空き缶の中に住んだりしちゃってるから「カワイイ!」って思ってしまってる人って、結構居るんじゃないかな?…。
 僕も写真に撮るときは、基本的には可愛く撮ってあげようとしているのですが、顔のディテールを精細に描写して厳つさを強調したような撮り方をしたら、案外と人気が落ちちゃいそうな気もします。そうゆうのって、人間界でもよくあるハナシですけどね。勝手に勘違いしておいて、後から非難轟々…とか(笑)。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/09/22(木) 02:13:44Fish trackback:0 comment:2 ミジンベニハゼ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
> やよみさん
 ミジンベニハゼは、ここ数年は水深22~25mあたりで見られることが多いです。ただ、夏から秋にかけては、今回の写真のように貝殻に棲んでいるミニサイズの幼魚が、水深15mあたりから見られることも多いです。
 以前は、もう少し浅めでも、よく見ることが出来たのですが、埋め立てがあったり、桟橋が作られたりという人工的要因による海況の変化や、海全体としての潮の流れの周期的(偶然的)な変化などによって、今は全体的にやや深めにいることが多いようです。去年あたりからは比較的コンスタントに見つかっています。
2005/09/23(金) 19:48:38 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
あこがれ
海でこの子に会ったことありません。
いつか会いたいなぁって思っているんですけどねぇ。
だいたいどの程度の深度にいるんですか?
2005/09/23(金) 11:21:51 | やよみ | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。