Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト
 いつもこのサイトをご覧になってくださっている皆さん、ありがとうございます。
 出来たら、ちょっとしたアンケートに答えていただけたらと思うのですが…。普段からコメントを下さっている方はもちろん、久しくご無沙汰している方でも、まったく僕とコンタクトを取ったことの無い方でもOKです。
 アンケートの質問は「このBlogに掲載している写真の中で、気に入ってくださった写真のBEST3を選んで下さい。できれば、簡単で構わないので選んだ理由でもコメントしていただけると、尚ウレシイです。」というものです。
 コメント欄に書き込んで下さってもいいですし、メールでも構いません。
 大したお礼は出来ないのですが、抽選で3名様にポストカードを送らせていただきます。
 どうか、よろしくお願いいたします。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/09/05(月) 19:58:08diary trackback:0 comment:6 アンケート
コメント
この記事へのコメント
enquete
> imaiさん
 ご回答ありがとうございます。
 Digital Gallery 140とDigital Gallery 138、やはり捕食シーンはインパクト強いですよね。Digital Gallery 104のミジンベニハゼもそうなのですが、シャッターチャンスとして貴重なカットを選んでいただけたのですね。仰るとおり、CEBUの写真は全て銀塩です。スキャンしてデジタル画像化しているので、デジタルで撮った写真とあまり差が無くなってますけど、原版はもっとキレイですよ。やはりまだまだ超広角は銀塩じゃないとダメですね。コケギンポシリーズからも選んでいただけてウレシイです。確かに、皆さんが仰るように、これだけ似たような写真をUPすると選びづらいかもですね(笑)。
2005/09/08(木) 18:59:02 | matsukawa | #3AaA3Dak[ 編集]
enquete
> 高橋さん
 ご回答、ありがとうございます。
 Digital Gallery 138のアオリイカは人気あるようですね。ここにきてやけに票が伸びてます。もっとカワイイ系の写真に人気があるのかと思っていただけに意外です。
 Digital Gallery 097のイソギンポ。これは僕も気に入ってます。写真が…というよりも、このイソギンポがカワイイんですよね(笑)。
 Digital Gallery 101のフタイロハナゴイ。これはほとんど撮ったまんまリサイズしたような写真なのですが、彩度とコントラストを抑えた設定にした方が良かったかな…とも思ってます。今ならもっと地味目になるようにレタッチしているところでしょう。当時、このガイドネタを他の人より多く押さえていたので、見たいというリクエストを増やしたいという気持ちがあって、レタッチの際に感覚を鈍らせてしまったようです。あとこの頃意識していた海外グラビア誌のコテコテ感の影響も大です。ベルビアで撮ったらこんな感じになるでしょうけど、やはり派手すぎですね(苦笑)。
 Digital Gallery 123は、イザリウオの白さを強調するために少しホワイトバランスをいじって撮影してます。タングステンタイプのフィルムを使ったらこんな感じだろう…と。構図はいつものワンパターンですね(笑)。気に入ってくださって良かったです。
2005/09/08(木) 18:47:27 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
アンケート
3つだけ選ぶなんて無理ですよ。難しすぎます。過去のページを遡って見つつ悩んでいる人がたくさん居るんじゃないでしょうか(笑)。

でも何とか選んでみました。

1位 Digital Gallery 140 / Trachinocephalus myops
1位 Digital Gallery 138 / Sepioteuthis lessoniana
3位 Digital Gallery 104 / Lubricogobius exiguus
3位 CEBU 09
3位 Digital Gallery 114 / Neoclinus bryope

1位の2枚は直近の作品だけにインパクト大です。他の作品も魅力的なので差は僅差です。3位のミジンベニハゼ、貝の中の2匹というのが魅力的なシチュエーションに思いました。仲が良さそうで可愛いですよね。CEBUのクマノミ、これは銀塩ですね。もうmatsukawaさんの得意技ですよね。matsukawaワールドに一票という感じです。コケギンポポートレートはどれも大好きなのですが、それだけに、高橋氏が仰っているように選ぶのは難しいです。なので、第一弾のDigital Gallery 114を選ばせていただきました。見たときはかなり衝撃を受けました。
2005/09/08(木) 12:39:43 | imai | #.EX3Hswk[ 編集]
アンケート
では私も。

1.Digital Gallery 138 / Sepioteuthis lessoniana
他の方も仰られてましたが「渋い色合い、バランスの取れた構図、そして決定的瞬間」写真の魅力が凝縮されたような作品だと感じました。

・Digital Gallery 097 / Parablennius yatabei
こんなふうに撮ってみたいという憧れを感じた写真でした。でもmatsukawaさんが中層でホバリングで微動だにせず撮影している姿を見て自分には無理だと諦めました(笑)

・Digital Gallery 101 / Pseudanthias bicolor
とにかく美しい。この写真を見たら、誰もがフタイロハナゴイを見てみたいと思うのではないでしょうか。

・Digital Gallery 123 / Antennarius striatus
何も無い砂地にいるイザリウオを、空間の使い方だけで作品にしてしまっているところに唸らされました。

1番以外は順位を付けられませんでした。コケギンポなどのポートレートシリーズも10倍ズーム機を意のままに操るmatsukawaさんならではの素晴らしい作品で大好きなのですが、あの中からどれかを選ぶとなると、同一コンセプトで撮られている作品だけに選ぶのが難しく、上記の4つにさせていただきました。

2005/09/08(木) 12:10:28 | 高橋 | #6ab/.7Ho[ 編集]
> 谷村さん

はじめまして。ご回答ありがとうございます!

 多くの皆さんからメールでのご回答を頂いていたのですが、やはり、こうして書き込んでいただけるとウレシイです!
 好きな作品を選ぶということは、ある意味、センスを問われるかのような部分がありますし、BLOGのトピックとしては難しいかな?…と思ったりしていたところです。こうしてこの場に書き込んでいただけた谷村さんは、しっかりとした自分の見方を持った方なんだと思います。
 3点選んでいただきまして、ありがとうございます。多くの方がGalleryから選んで下さっているのですが、GalleryとTopics・他の写真の差別化というのは、実はほとんど無いというケースが多く、僕自身としても、Gallery以外に気に入っている写真がけっこう多くて、選んでいただいた写真は、まさにそうゆう気に入っている写真なんです。
 Topics(=情報)としてUPしたいのだけれど、その魚の写真がGalleryでUPしようとしていたものしか無かったとか、単に疲れていて文章を書く気力が無かったのでGalleryとして写真だけUPしてしまったとか…、けっこうあります。もちろん、自分なりの基準でチョイスはしますし、手抜きはしないですけど…。撮影の努力が報われたように思います。
 
 また、怯まずに書き込んでくださいね。楽しみにしています。
2005/09/07(水) 23:43:12 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
アンケート
はじめまして。谷村と申します。いつも素晴らしい写真を拝見させていただいてます。ここは、なんだか凄そうな方々が多くて、書き込むのにちょっと怯んでしまっていたんですが、私もこれを機会に書き込んでみようと思いました。

1位 ミツボシクロスズメダイ
(Fish watching 2005/1/31)
可愛らしい魚なんですが、可愛らしく撮れた事がありませんし、可愛らしく撮った写真を見たことが無かったので、この写真を見て感動しました。

2位 イロイザリウオ
(Fish watching 2005/12/26)
この頃から、このBLOGを見始めたのですが、そのきっかけになった写真です。matsukawaさんの写真は他の人の写真とは違うと、最初に感じた写真です。構図等はもちろんのこと、可愛らしさが伝わってくる写真だと思いました。

3位 CEBU 06
(Photo Topics 2005/1/24)
完璧だと思いました。この状況下でこれ以上のものを撮ることは出来ないだろうと。

もちろんGalleryの写真も全部好きです。matsukawasさんの撮る魚の表情は、どれも生き生きとしていますね。ただ順番を付けるとなると、受けたショックの大きさから、このBLOGを見始めた最初の頃の写真になるようです。
2005/09/07(水) 17:30:48 | 谷村 | #S7DRU.KM[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。