Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

クマドリカエルアンコウ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 このクマドリカエルアンコウもずっと居着いている。

 …で、先に紹介した個体と同じように、撮りづらい場所に居ることが多い。

 なので、やはり、これまでほとんどシャッターを切っていない。

 このときは珍しく良いポジションに居てくれた。


 自然を相手にする写真撮影は時間との戦いである。

 いつでも撮れるような臨戦態勢でいなければならないのはもちろんのこと、いつでも撮れるだけの余裕を持っていなければならない。

 それは同時に、撮影しているときに余裕綽々で撮ってはいられないということを意味する。

 持ち時間が10分間あったとしても、その前までの撮影で9分間以上を使い切っていたら、持ち時間は1分間すら無いということになるからだ。

 最高のチャンスがそこにあるのに、持ち時間が無いという事態はカナシイ。

 追い詰められるようなプレッシャーの中で、冷静に、優しく、スピーディーに事を成さねばならない。

 余裕を持ちたいがために急がなければならないという、ジレンマを克服することが最初のステップなのである。


カエルアンコウ科 / Antennariidae
クマドリカエルアンコウ / Antennarius maculatus (Desjardins, 1840)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2012/01/29(日) 01:04:02Fish trackback:0 comment:0 クマドリカエルアンコウ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。