FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

タマガワコヤナギウミウシ

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/100 iso100



 この"タマコヤ"は、かなり思い入れのあるウミウシで、現れそうな雰囲気になってくると探さずにはいられなくなる。

 …で、コイツを見つけることが出来ると、チョット安心する。

 まだ老眼じゃないな…と。


 こうして写真に撮ると、とても美しく派手なのだけれど、見つけるまでは、その存在を、見事なまでに周囲の環境に溶け込ませ、隠れてしまっているのだ。

 何年か前に『ウォーリーを探せ!』という絵本が流行ったのだが、タマコヤを探すときの感じは、ちょうどあの感じ。

 けっこう楽しいので、ぜひとも自分で探してみて欲しいウミウシである。
 


裸鰓目 / NUDIBRANCHIA
タテジマウミウシ亜目 / ARMININA
コヤナギウミウシ科 / ZEPHYRINIDAE
コヤナギウミウシ属 / Janolus
タマガワコヤナギウミウシ / Janolus indicus (Eliot, 1909)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/11/30(水) 21:00:00Sea slag trackback:0 comment:4 タマガワコヤナギウミウシ
コメント
この記事へのコメント
> こぅ さん
どうもです。

なぜ色が違うのかというと…

僕はかなりアンダー気味に撮っているということと、背景を黒く潰して色を強調してるってことがあります。あとカメラの違い。

でも、一番の違いは単に個体差です。
あそこには全部で5匹居たんだけど、僕はいちばん黄色っぽいやつを狙いました。

たしか僕は黄色いのを撮りたいって、話しましたよね。
条件反射的にいちばん黄色っぽいのを狙ってしまうようです…(笑)。

次回はもっと多いんじゃないかな。
探しましょう!
2011/12/02(金) 03:51:02 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
なんだろう???
同じ被写体なのに、全く色合いが違う・・・
何か悔しいなぁ
もっと綺麗に撮れるハズ
お手本がここにあるんだから・・・!
次回、まだ居るといいなぁ
2011/12/02(金) 02:33:52 | こぅ | #poPGdoKE[ 編集]
> クロブチ@甲殻類♪ さん
いろいろ探してるんですけど、まだ新たな成果が…。

でも今年は良さそうですよね…甲殻類。

2011/12/01(木) 00:41:54 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
いやいやいやいやいやいやいやいやいや…

ウミウシばっかり(ー_ー)!!

駄目っすよ!!

甲殻類の季節っすよ(>_<)

駄目っすよ(@_@;)
2011/11/30(水) 21:45:12 | クロブチ@甲殻類♪ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。