FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

Neoclinus bryope
Digital Gallery 134
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + UN PCU-01
f4 1/100 ISO100



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/08/25(木) 04:10:33Photo Gallery trackback:0 comment:4 Digital Gallery 134 / Neoclinus bryope
コメント
この記事へのコメント
> divedeepさん
 いえいえ、Blogってよく分かって無いんですヨ。トラックバックって何?…って感じです。自前のWEBサイトの制作とアップロードの手間をサボろうというのが狙いで始めたのがホントのところで、お恥ずかしい限りです。
 デジタルフォトに関しても、まだまだこれからです。
 もとは知人の和田さんって超マクロデジタルフォトのパイオニアのような方が、ミリサイズの甲殻類の凄い写真を撮っているのを見て刺激を受けたのが始まりです。これは新しい表現が出来る…だったら、銀塩でやっていた「構図至上主義作品」と「フィッシュポートレート」をデジタルでやってみようと思い、その流れで、現在の一連のコケギンポのポートレートに至っているという感じです。ホントまだまだ始まったばかりです。
 でも、そもそも「フィッシュポートレート」と言えば、divedeepさんの作品というぐらいの十八番ですよね。ハゼの正面顔とか、撮る事あるんですけど「こ…これはやっちゃイカン…!」って思います(笑)。そう考えると、こうやって見られているということは、下手なことは出来ないぞ…と、さらに緊張しますね。
 コンパクトデジカメならではの可能性というのも、実にたくさんあって、いろいろやっていこうとはしているのですが、僕も、divedeepさんの作品がそうであるように、これはmatsukawaの仕事だと、見ただけでも分かるような、そんな世界を作るという意識を大事にしていこうと思います。
2005/08/30(火) 01:17:26 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
デヂタルに対する姿勢
いや~突っ込んだご意見、有難うございますっ。
僕の考え方もよく理解して頂けているので、嬉しいです。
ブログならではの半P2P的フィードが出来て、
BBSと違って、もう一歩突っ込んだ意見交換
が出来てる。松川さんはブログの達人ですね。
銀塩&デヂタル ミックスのサイトが多い中で
松川さんのデヂタルが決定的に秀逸で特筆すべき
は、始めは違ったかも知れませんが、デヂタル
=安易&安価 的スタンスがない。極めてやる、
凄いものを撮ってやる、デヂタルでも、という
気迫がグイグイ感じられますよ。デヂタルでも
銀塩と同じ気迫で撮ってる。素晴らしい。
銀塩とデヂタルの境界を消せるのは松川さんですよ。
銀塩は言わずもがな、デヂタルカメラを持ってる
お客さんでも松川さんなら上手くなれる事、
請け合いですっ。頑張って下さいっ! !
2005/08/29(月) 22:18:43 | divedeep | #BW6/sfyE[ 編集]
> divedeepさん
 お久しぶりです。
 15~17インチのモニターで鑑賞することを前提にであれば、なんとか…って感じですけどね。僕のセットだと、タペストリーサイズの大伸ばしには耐えられません(笑)。
 divedeepさんの「銀塩に近づいて…」というお言葉、僕にとっては最大級の褒め言葉です。やはり今時点での目標は、デジタルならでは…というよりは、銀塩の描き出す画像の完成度の高さですから…。励みになります。ありがとうございます。
 でも、「魂を売った」わけではないですヨ(笑)。本当は銀塩撮りたいんです。オカネと時間が無いんです。銀塩派コンパクトデジタルカメラマンってところです。悔しいから、波打ち際とか、狭い岩の隙間とか…、銀塩で狙いづらいものを中心に撮ってます。けっこう新鮮です。divedeepさんも、松下さんやjoeに借りて遊んでみてはいかがですか?魂売らずとも、わりと気軽に楽しめますよ~。重量も値段もバズーカの1/100以下かな。
2005/08/29(月) 00:28:51 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
excellent !
デヂタルでここまでやりますか。撮れるんですか。
凄い。最近、松川さんのデヂタルは恐ろしく
銀塩に近づいてますね。これからも頑張って
デヂタル続けてください ! !
2005/08/28(日) 20:16:15 | divedeep | #BW6/sfyE[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.