FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ミアミラウミウシ

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100



 ウミウシの姿が目立って増えてきた。


 また今年も眼がショボショボしてしまうことになるのだろう。

 ウミウシ探しは眼に優しくない…。

 せめて10mmぐらいであれば、まだイケイケで探せるのだけれど、たいていは3mmとか5mmとか…。

 そして小さいヤツのほうがキレイな種が多いというのも悩ましいところ。

 
 アントシアニンたっぷりのブルーベリーのサプリメントと目薬は必携品…(笑)。

 前の晩のパソコン作業は控えめにして、万全のコンディションで臨まなければならない。


 …で、ウミウシを探しまくった帰り道は、眼が疲れ切っていて、街灯も月も3つ4つと重なって見える…(苦笑)。


 個人的には珍しいのを探すよりも、フォトジェニックなシチュエーションを狙うのが好きなんだけど、そうばかりも言っていられないのが最近のウミウシ事情。


 写真はこのところ数個体見られていたミアミラウミウシ。

 もうちょっと大きく育ったところを見たいのだけれど失踪。現在最捜索中…。


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
イロウミウシ科 / Chromodorididae
ミアミラウミウシ / Ceratosoma sinuata (van Hasselt,1824)





 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/11/13(日) 22:56:12Sea slag trackback:0 comment:4 ミアミラウミウシ
コメント
この記事へのコメント
> うみうしふぇち さん
いえいえ…

残念ながら、ウミウシに限らず、何かがあったとしても、そこに何も感じることが出来ないヒトの方が多いです。一言二言話しをしただけでも、そうゆうのって分かってしまうものなんですよ。

うみうしふぇちさんの見ている世界は、いわゆる普通の人には見れない世界だと思います。

その辺を学びたいものです。


Onchidoris depressaは可愛かったですね。
あれは、そこそこサイズがあったから見つけられました…(笑)。

もちろん、うみうしふぇちさんが来るなら、パソコンなんて見ないし、眼に良いものを3日前ぐらいから摂取してお待ちしています。

2011/11/16(水) 01:23:08 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
あ~~松川さん(--;)私そんなウミウシ眼持ってませんよ~~
でもそんな風にいつも言ってくれるの嬉しいんですけど(^^ゞ)

井田には大瀬とは違うウミウシ期待してます。
以前にもラメリウミウシ属の1種とかでてますしね・・・
ウミウシシーズン中に遊びにいきます(^^)
写真の撮り方また教えて下さいm(--)m

その時は前日パソコン禁止ですね(笑)

2011/11/15(火) 08:02:45 | うみうしふぇち | #.zxHueVw[ 編集]
> うみうしふぇち さん
どうもです。

ウミウシ探しは、薄暗い部屋で懐中電灯を使って、小さな字で埋め尽くされた本を読むのと同じぐらい眼に悪いと思います。

最近の著しい視力低下の原因の一つだと思ってます。

子供にやらせてはいけない遊びですね…(笑)。


素敵なウミウシ…

うみうしふぇちさんが来て、サササッと当たりをつけてくれると良いのですが…。

まあ、確実に大瀬よりも少ない事は確かなんですけど…。
何と言うか、出てくる種類に偏りがあって、なおかつチョット単調なんですよねえ…。

それでも、きっと面白い出逢いがあるのではないかと信じて探してみます。
2011/11/15(火) 02:06:13 | 松川 | #UMcsIv.s[ 編集]
笑わせてもらいました(^^)
確かにフォトジェニックなシチュエーションを狙いたいけど、なかなかないし、小さい子は可愛いし・・悩ましいですね!
素敵なウミウシ楽しみにしてますね(^^)
2011/11/14(月) 19:51:32 | うみうしふぇち | #.zxHueVw[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。