Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

アズマケボリ

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/100 iso100



 どうしようか?…と迷って、やっぱりやめた。


 今日、ある生物を探しに行ったら、とても素敵なシチュエーションで、撮影前に落ち着くため深く深呼吸をしなければならない程だった。


 見つける前は、とりあえず見たヨ…という程度のアリバイカットを撮れればいいだろう…ぐらいに思っていた。

 人気者系を狙うのは粋じゃないし…という思いもあった。

 だけど予想や予定を覆す素敵さだったのだ。


 あまりにも撮りづらいアングルから攻めなければならなかったことと、その生物が移動中だったこともあって、100%満足という出来栄えには程遠いのだけれど、それでもウレシかったことは確かだ。


 しかし、撮るには撮ったのだが、これを公開するのはどうだろう?…と躊躇することになってしまった。

 ウソ臭いぐらいに整ったシチュエーション。

 その同じ状況を確認した人は恐らく皆無。


 意見を聞こうと思ってカメラを持って大瀬に行ってみたのだけれど、皆慌ただしく、なんとなく聞きそびれてしまった…。




 …で、今また、PCのモニターで見ていたのだけれど、ネガティブな要素を無視して公開するほど素晴らしい出来の写真でもないな…という結論に達したのであった。

 もうちょっとありふれたシチュエーションの時に撮り直そう…(苦笑)。



 写真は上記の文とは全く関係ないアズマケボリ。

 眼が写るように狙わなきゃ…と悪戦苦闘するのだけれど、実は撮っている最中はモニターで確認ができていない。

 大雑把な構図だけ決めて、写っていればいいな…という感じでシャッターを切っている。

 一眼レフのファインダーなら確認できるのかもしれないけれど、これを撮っている時と同じ態勢で一眼レフを構えることが出来るのだろうか?

 やはりコンデジも手放せないのだろうな…。 



ウミウサギガイ科 / OVULIDAE
アズマケボリ / Primovula azumai (Cate, 1970)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/10/23(日) 00:11:18Snail / Bivalve trackback:0 comment:4 アズマケボリ
コメント
この記事へのコメント
> こぅ さん
あくまでも「見れるかも」です。

あまり無いシチュエーションですから…(笑)。

でも、こぅさんが好きそうなのも押さえておきましたんで、お楽しみに。

…で、前回とはまた違ったアプローチでも攻めてみたいと思ってます。

来る度にワンステップアップと、毎回新しい何かを…が、こぅさんが来る時のテーマです。

では明後日お待ちしてます!
2011/10/24(月) 02:34:44 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
・・・ということは
今度見せてもらえます???
楽しみ1コ増えたかも~♪
2011/10/24(月) 01:53:19 | こぅ | #poPGdoKE[ 編集]
> うみうしふぇち さん
井田に来たら見れるかもですヨ…(笑)。
2011/10/23(日) 20:21:28 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
昨日はどうも(^^)
で・・・すご~~~く気になるんですが・・なんですか??
2011/10/23(日) 11:37:26 | うみうしふぇち | #.zxHueVw[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。