FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ナベカ

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/1000 iso100



 この魚をどう撮ろうか?…と思案中。

 …と言っても、思い浮かべるのは想像の世界の画ではない。

 肉眼で見た様々なシチュエーションを思い浮かべ、あのシーンをこう撮ったらイイ感じかも…とか、あそこで待てばもっと良かったかも…とか、あの時のような波の入るタイミングを狙おう…とか…。

 あくまでも現実に見たところからをイメージを思い浮かべる。

 絵画を描くのなら、どんなイメージでも描くことが出来るのけれど、写真はそうはいかない。


 よく「あの写真のように撮りたい」という言葉を耳にするのだが、その場合、その写真が撮られた時と同じような現実が必要である。そうではないところでどんなに足掻こうと、それはムリ。ムリなことをしようとするヒトが本当に多い…(苦笑)。

 眼の前の現実をシッカリ捉え、ベストと思われる撮り方を考えるのが写真的なアプローチの仕方である。

 だから、まずシッカリと目で見ることと、どうすればどうなるのかを知っておくことが大事。

 
 でもまあ、ムリな事をやってみてムリだと知ることも経験としては良いのかな…一回ぐらいなら…(笑)。


イソギンポ科 / Blenniidae
ナべカ / Omobranchus elegans (Steindachner, 1876)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/10/09(日) 04:56:46Fish trackback:0 comment:0 ナベカ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.