FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ミチヨミノウミウシ

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/4 iso100



 写真表現についてはいろいろ語られているが、ズバリこれが正解という答えは無い。


 正解が無いのだから自由なんだ…という解釈をするヒトも居るようだが、僕はそれもどうかな?…と思う。

 僕ごときには恐れ多くて、そんなふうに語ることはできないと思う今日この頃…。


 何でも出来るけれど、このやり方を選ぶというのは「自由」。

 この程度しか出来ないに過ぎないのに、このやり方を選んだかのごとく振る舞うのは「自由」とは違う。


 ありとあらゆる表現手法に精通した人が「写真表現は自由だ」と口にするのなら、それもありだろうけれど、そうではないのなら、少なくとも大見得を切って主張できるようなことではないと思う。

 少なくとも、多少なりとも影響力を持つ者が口にするのだとしたら、それを聞いて勘違いしてしまうヒトの存在を考えると、「自由」という言い方は、扱いに気を付けなければならないのではないだろうか。

 教える者の技量の低さが、教えられる者の成長のボトルネックになってしまうような事態は、いちばんの悲劇だと思う。




 先日のフォト講習で、ゲストの方にいろいろ試してもらった表現方法…。

 教えながら、自分でも「面白いかも」…と思ったイメージがあったのだが、先日、そのイメージで撮れそうな機会があったので撮ってみた。

 ウネリで揺れる海藻の上を這うミチヨミノウミウシ。


ミチヨミノウミウシ

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/90 iso100


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
オショロミノウミウシ科 / Tergipedidae
ミチヨミノウミウシ / Cuthona sibogae (Bergh, 1905)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/10/05(水) 22:27:23Sea slag trackback:0 comment:4 ミチヨミノウミウシ
コメント
この記事へのコメント
> H A N A さん
あ…早くもバレた。
屋久島の至氏のお心遣いで末席を汚させていただきました。

かなり恥ずかしいです…(苦笑)。

ちなみに短髪はずいぶん前からです。
2011/10/06(木) 00:53:30 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
> あおりふぇち さん
こうゆう感じがお好きでしたか。

僕の理想は感動的なシーンをパンフォーカスで全て写し込むこと。
もちろん思いっきりリアル。
もちろん迫力と臨場感は満点。
それでいて美しい。
それでいて可愛らしい。
それでいてファンタジー。
…という感じなんです。

ギミックに頼りたくないんですけど。

やっぱり見慣れた写真…撮り尽くした写真だと、違ったアプローチに惹かれますね。
日和ってきてしまったのかな…(笑)。

修行じゃなくウミウシ探しに……(笑)。
2011/10/06(木) 00:49:20 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
おひさしぶりです
いつの間にか短髪になってるーー

ダイバーオンラインで松川サンの写真発見しましたーー v( ̄ー ̄)v
2011/10/06(木) 00:26:04 | H A N A | #sktWpA2Y[ 編集]
いやまいった!

言葉がない。

うみうしふぇちさんにもこんな写真を撮って欲しい。

今度修行させに行きまする。
2011/10/05(水) 23:52:53 | あおりふぇち | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.