Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

クリアクリーナーシュリンプ

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/60 iso100



 最近、潜るようになった仲間たちが居るのだが、彼(彼女)らは皆、ウツボに過激に反応する。

 ある者は露骨に泳ぐ進路を変えてウツボを避け、ある者はやや離れた位置から恐る恐る様子を見ている。

 ある者は、僕が手招きするだけで「またウツボに違いない!」と、僕から離れていく…(笑)。

 それはまるで熱帯のジャングルの中で大蛇に出逢ってしまったかのような反応でもある。


 そんな彼(彼女)らに、いつも僕は、ウツボは臆病な野良猫のようなものだ…と説明する。

 キツく追い詰めてしまうとしっぺ返しを食らうかもしれないけど、基本的にはダイバーのことを怖がっているから、こちらが近づけば逃げてしまう。怖がる必要は無いヨ…と。


 だけどもやっぱり怖いらしい…(笑)。


 ある意味、それは幸せなことだと思う。

 自分が海の中で、それだけの恐怖感と緊張感を味わうには何と出逢えば良いのだろう?

 発情したウミガメに迫られたときは怖かった…。

 繁殖期のキヘリモンガラも怖かった…。

 ホホジロザメクラスの大物に出てきたら、やっぱり怖いだろうな…。

 いずれにせよ、大枚叩いて遠征しなければ味わえない緊張感である。



 彼(彼女)らには、新しい驚きが無限に待っているのだろう。

 最高に面白い海の世界に連れて行ってあげたいと思う。 



テナガエビ科 / Palaemonidae
クリアクリーナーシュリンプ / Urocaridella antonbrunii



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/10/04(火) 01:20:06Crab / Shrimp trackback:0 comment:6 クリアクリーナーシュリンプ
コメント
この記事へのコメント
> クロブチ☆めがね さん
僕もまだまだですよ。

年に1枚でイイから、心の底から手応えに喜びを覚えるような写真を撮りたいです。
2011/10/05(水) 18:15:32 | 松☆川 | #4R5.xbJk[ 編集]
> あおりふぇち さん
なるほどクリーニングですね。

明確な行動をテーマに据えるのはGOODだと思います。
あおりふぇちさんのことですから、良いシーンをものにしてしまうんだろうなぁ。

クリーニングと言えば、いたる君が良いのをたくさん撮ってましたね。

あれを見て、僕もやろう!と思ったんですが、思っていたより機会が巡って来なくて、悔しい思いをしていました。

ウミウシ…

いやいや、きっと探すと思いますよ…(笑)。
2011/10/05(水) 18:10:53 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
あちゃー(>_<)

完敗っすね(>_<)
勝手に勝敗きめてますが(笑)
まだまだっす…自分…
2011/10/05(水) 14:52:46 | クロブチ☆めがね | #1.E5DkAA[ 編集]
エビ君そのものよりも、クリーニングに惹かれているみたいです。

いずれ、うみうしふぇちさんとまた伺います。 

おいら、うみうしは探さないけどね・・ヒヒ。
2011/10/05(水) 06:05:43 | あおりふぇち | #-[ 編集]
> あおりふぇち さん
お恥ずかしい限りです。

文は行き当たりばったりで書いてるだけですので…(苦笑)。

エビ…楽しい被写体ですよね。
どうやらハマッているようで…(笑)。

だけど、コンデジだとツライです。
気前がいいウツボ以外の被写体だと、超クローズアップは難しいです。

気が向いたら井田にも遊びにいらしてくださいね。…で、ウミウシ探してください!
2011/10/04(火) 23:00:40 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
いつも楽しく拝見しています。

写真はもちろんですが、文才にも感服しています。

・・・と、そこまではいいのですが・・

なんでエビさんが憑いてるの?

画像を見た瞬間「わっちゃー!まいったぁ~!」と思いました。

以前、大瀬カレンダーフォトコン常連のO角さんが言ってました。
「あのひとは別格!」と。


まいった訳はおいらのブログ見てください。
「うみうしふぇち」に対抗して最近「あおりふぇち」で始めちゃいました。ヒヒヒ!
2011/10/04(火) 21:11:21 | あおりふぇち | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。