FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ホシギンポ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100




 カメラとパソコンを物色中…

 どちらも最後に手に入れたのは、チョット以前のこと。

 手に入れる前はいろいろ勉強したりするのだけれど、手に入れてしまうと真剣に調べなくなる…。

 そして今では、UDMA Mode6って何?… Sandy Bridgeって何?…って感じで、浦島太郎状態に…(苦笑)。



 銀塩カメラ時代には、いわゆるハイエンド機を手に入れたくてしょうがなかったことがある。銀塩カメラのハイエンド機というのは、手に入れてしまえば、軽く15年以上はステータスを保てるシロモノであった。

 ハイエンド機であれば、たとえ新製品が出てきても、旧製品の方が粋であるという感すらあって、安心して手に入れることが出来たということもある。

 でも、銀塩カメラの場合は、高速で連写するなんていう特殊用途でもなければ、ハイエンドであろうとローエンドであろうと…最新型であろうと旧型であろうと…、同じレンズを使えば、撮れる写真は同じ…という現実もあった。

 …なので、これからは、高いカメラを買うのをやめて、安いカメラを使うことにしよう…なんて思い始めた頃に、銀塩カメラはの時代は終焉を迎えることに…。

 そしてデジタルの時代…。これまでとは逆に、レンズが同じでもカメラが違えば撮れる写真が違ってくるということに…。

 無理して大枚叩いてハイエンド機を手に入れても、数年後には、画質的にはローエンド機に負けてしまいかねないという恐ろしい状況になっている。



 実は、最近まで欲しいカメラがあった。

 例によって、自前のメディアをカメラ屋に持込み、いろんな機種でテスト撮影を重ね、その結果、今買うならこれだろう…と、意思を固めつつあった。

 しかし、ここに来て、大きく意思が揺らいでいる。


 困った…。


 このカメラがイイ!!何故ならこんな素晴らしい写真が撮れるから!!というサンプルでもあれば、一気に決着が付くのだけれど、残念ながら………。

 こっちでも十分なんじゃないか?…と思わせる、逆の例は結構あるんだけどね…(苦笑)。
 
 

ホシギンポ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100


イソギンポ科 / Blenniidae
ホシギンポ / Entomacrodus stellifer stellifer (Jordan et Snyder, 1902)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/09/04(日) 00:08:03Fish trackback:0 comment:2 ホシギンポ
コメント
この記事へのコメント
> maruo さん
お久しぶりです!!

新しい機種は確実に良くなってきてますよね。
以前は、何かに進歩があると、それに伴うネガティブな側面に批判が殺到したものですが、最近ではそういった部分もかなりシッカリ対策してリリースされているような気がします。

700の良さは、高感度の素性の良さと、古いレンズに優しいこと、画素数の少なさによるハンドリングの良さと思っています。階調も余裕ありますよね。暗部ノイズは、ソフト処理的なものの影響が大でしょう。メーカーによるファームウェアアップデートなどで対応できないものなんですかね? 700クラスのカメラなら、それぐらいやって欲しいですよね。

すでに後継機待ちと言われている700ですが、個人的には700の魅力は依然健在だと思っています。

ただ、僕のフットワークを鈍らせている大量の所有レンズは今となっては非デジタル対応の旧型です。
旧型レンズを使うことを考えると700は俄然魅力的になるのですが、新型レンズのことも含めて考えると、メーカーの全面刷新も考えるに値するオプションです。

そうして、イチから考えなおしてみると、今まで考えていなかったアイディアも浮かんでくるという感じで…。

7000も良いカメラですよね。何よりあの小ささと今後下がると思われるプライスは魅力的です。
16mmをリニューアルしてくれたらNikonフルサイズに傾くかも…。
階調の処理は、最近はCanonが上手そうだな…と感じてます。新しいFisheyeズームが楽しそうですし…。
実はSONYのNEXもレンズ次第ではかなり魅力的になります。現状ではFisheyeと望遠マクロが無いので致命的ですけど。
あ…、お金に糸目を付けないなら645Dに25mmF4で決まりでしょう…高すぎて僕には絶対買えませんけど…(笑)。

まあ、あとチョット迷ってみます…(笑)。
2011/09/07(水) 23:29:20 | 松川 | #4R5.xbJk[ 編集]
こんにちは、
今年1月にお世話になった七百使いです。
キャッシュバックに目がくらんで七千買ってみました。

悔しいけど良いです。

まだ家の中でしか弄ってませんが
デジタルで気になる暗部のノイズが相当良い。
七百を場合によって凌駕。 (泣)

あとは 階調がどうかですね

? 
そういう事じゃなくて?? 
他にもっと良いカメラがあるの???

2011/09/07(水) 09:33:39 | maruo | #qBpKbO02[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.