Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

スジハナダイ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 台風6号は太平洋側はるか沖を北上するという井田にとってはイイ進路で移動…。

 予定通り強いナライの風が吹き、海はきわめて静かで潜りやすいコンディションになってくれた。

 透明度も良くなってきている。

 ただし…、

 水温は予想を上回る急降下。

 ほぼエリア全域で20度を切り、深場では17度を下回るという冷たさ!!!

 寒がりの僕にはかなりツライ…。

 広く見ると西伊豆エリアは26度ぐらいの潮が入ってきているのだけれど、深場の水が上がってきやすい場所で、ガツンと水温が下がってしまうというのはよくあること。

 そのおかげで魚影が濃くなったり、深いところで見られる生き物をダイビング深度で見れるという恩恵も受けているのだから文句ばかり言うわけにはいかない。

 まあ、数日のうちに落ち着きを取り戻して夏の海に戻ってくれるだろう…と期待しているのだけれど。


 さて…モンダイはドライスーツを引っ張り出すか否か…。

 海の中はドライの方が快適だろうけど、陸上の暑さを考えると…。



ハタ科 / Serranidae
スジハナダイ / Pseudanthias fasciatus (Kamohara, 1954)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/07/21(木) 12:54:28Fish trackback:0 comment:0 スジハナダイ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。