FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

オオモンカエルアンコウ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 人との出会いというのは本当に不思議だ。

 よく出会いを必然だったとするようなエピソードを耳にするが、実のところ、僕はその手の"物語的"な話を一切信じていない。出会いに感じられることがある必然感も、偶然の一種に過ぎないと思っている。

 だけども、偶然に過ぎないから意味は無い…と言っているのではない。

 人生の大半は偶然の積み重ねである。

 もともと見栄やハッタリが嫌いで、社交的でもないし積極果敢な方でもないので、こじんまりと静かに生きていくのかな…と思いきや、けっこうおもしろい出会いがあるなぁ…と思う今日この頃なのであった。


カエルアンコウ科 / Antennariidae
オオモンカエルアンコウ / Antennarius commersoni (Latreille,1804)



 
 

 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/07/14(木) 00:48:15Fish trackback:0 comment:0 オオモンカエルアンコウ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.