FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ノウメア ワリアンス

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/90 iso50



 僕の好きなピンク系イロウミウシの仲間で、ここ数年、井田でいちばんよく目に付くのが、このノウメア ワリアンス。

 さんざん書き尽くされてきたことなので、似た種との見分け方等のハナシは端折ってしまうとして、写真撮りとしての視点で感じたことを書いてみることにする。

 井田で見られるピンク系イロウミウシの仲間で、このノウメア ワリアンス以外でよく撮影するのは何だろう?と思い浮かべてみると、シロタスキウミウシをよく撮影している。

 しかし、記録を調べてみると、アラリウミウシやシモダイロウミウシやフジイロウミウシもそこそこの個体数を見ていることが分かった。

 ではなぜ、ノウメア ワリアンスやシロタスキウミウシが印象に残り、実際に撮影をしているのかというと、おそらく、撮りたくなるようなシチュエーションであったり、撮りやすい場所に居ることが多いからだと思われる。あと、この2種は他種と比べて、やや大きめな個体をよく見るということも、撮りやすいことに無関係ではないだろう。

 違う角度から考えると、大きく育つ=栄養状態が良く元気…ということになり、それゆえに活発に活動することが考えられ、シャッターチャンスが増えるということにもなるのではないだろうか。

 ウミウシの仲間には偏食家が多いので、大きく育つこれらの種に適した環境が井田にはあるとも考えられる。

 もちろん単なる偶然の結果なのかもしれないけど…。

 そもそも、知らないヒトなら見間違わんばかりに色も形も似ている種が、まったく違うものを食べているのだろうか…。その辺のところも実はまだ分からない。

 僕の場合、必要に迫られる事でなければ、すぐに回答を調べるようなアプローチではなく、自分の観察の結果によって答えを知り得たい思ってしまう方なので、まだ謎が解けるには時間がかかるであろう。

 それゆえに思い入れを持った状態で見つめ続けることが出来るというのも事実であり、そのことは写真撮影にもイイ影響があるのではないかとも思っている。

 ただ、あえて言うなら、ウミウシでもサカナでも何でも、巷に情報量が増え、知識のレベルが高いヒトがとても多くなってきているので、本物のガイドといえる知識のレベルは、以前と比べると、比較にならないほど高くなってきているのが事実だろう。

 素人相手にハッタリを効かせているだけのような取り組み方では、実のところ、かなり恥かしい姿を晒す事になってしまうことも多々ある。本人には誰も何も言ってくれないからね…(少なくとも僕は言えない…(笑))。

 気がつかないうちに裸の王様みたいになってしまうということである。

 それもまた、かなりイタイことなので、お勉強も欠かせないのである。

 ここしばらく、忙しさにかまけて、何も勉強していなかったので、ちょっと専門書なんかも読んだりしなければなるまいと思ったりしている今日この頃なのであった。


ノウメア ワリアンス

OLYMPUS SP-350 f5.6 1/90 iso50


ノウメア・ワリアンス / Noumea varians (Pease, 1871)
裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
イロウミウシ科 / Chromodorididae


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/06/29(水) 00:53:30Sea slag trackback:0 comment:0 ノウメア ワリアンス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.