FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ヤマドリ

FUJIFILM FinePix F30 f3.3 1/1000 iso100



 ヤマドリが面白いようなので見に行ってみた。

 すでにいくつかチェックしていた場所はあったので、その辺りを探してみることに…。

 …で、困ったのは、大瀬で見たときとの環境の違い。

 何年か前に大瀬で産卵シーンを見たときには、明確なランデブーサイトがあったので、その場所で、観察しながらじっと待っていれば良かった。

 しかし、井田の場合は、ランデブーサイトになりそうな候補場所がいくつもあるのだ。

 そこで、5ヶ所ほど怪しい場所に目星を付けて、そこを巡回するように泳ぎまわりながら、不審な動きが見られた場所で観察撮影ことにする。

 結局、産卵は見られなかったものの、5ヶ所中3ヶ所で、求愛行動や雄同士の喧嘩を見ることが出来たので、まずまずの戦果といったところだろうか…。

 現状では、かなり気合が入っている雄が2個体居て、まだあまり気合が入っていない雄が3個体。小さくて弱そうな雄が2個体いるというのが調査結果。雌は3個体しか見つけることが出来なかった。しかもみんなヤル気無し…(苦笑)。1個体だけお腹が少し大きくて体色も派手になっている雌が居て期待したのだが、雄の積極果敢なアピールに見向きもしないで食事に夢中だった。

 潮回りも最高とは言えない感じだったし、それより何より、海側に陽が沈む井田の17時の海中は明るすぎる…。

 19時…せめて18時半ぐらいまで潜っていられれば、生態観察をするには最高のポイントになり得るのだけれど本当に残念…。

 でも、東伊豆では昼間にもヤマドリの産卵が見られているという噂も耳にしているから、もしかしたらチャンスはあるのかな。思いっきり天気が悪い日にイイ潮回りだったりすると見れちゃうかも。

 ちなみに、上写真と中写真は求愛中の雄。上写真の奥でそっぽを向いているのが雌。下写真は喧嘩中の2匹の雄。この個体の縄張り(?)に入ってしまった相手の雄は、見るからにヤル気の無い体色…威嚇されると張り合おうともしないで矢のようなスピードで逃げてしまった。

 


ヤマドリ

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/60 iso100


ヤマドリ

FUJIFILM FinePix F30 f5.6 1/60 iso100


ネズッポ科 / Callionymidae
ヤマドリ / Neosynchiropus ijimae (Jordan et Thompson, 1914)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/06/19(日) 23:56:24Fish trackback:0 comment:2 ヤマドリ
コメント
この記事へのコメント
> てつ! さん
どうもです!

久々にヤマドリと向き合ってみました。

…と言うか、本当はネタ切れなんです…(苦笑)。

見るべきもの撮るべきものは無限にあるはずなんですけどね。

今、チョット潜れてないんで、目の前にあるものを撮るという感じで攻めているんですが、やっぱり、とことん追求できないのはツライです。

でも、そろそろ気合入れていきますんで、イイのを撮りますヨ!

お互い頑張りましょう!
2011/06/29(水) 01:25:43 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
背びれデカイなーーーっ!!
カッコいいなーーっ!
 
最高の瞬間を僕も見てみたいです。
伊豆は時間制限があるから思うようにはいきませんね。。。。

2011/06/28(火) 21:44:06 | てつ! | #yx9fSxcY[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.