FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

アオリイカ

FUJIFILM FinePix F30 f3.3 1/60 iso100



 未だ潜水活動停滞中のmatsukawaです。

 5月はホームの井田では十数本しか潜っていない…。そして今月も同様のペース…。

 今の僕のレベルはかなりダメダメってことですな…(苦笑)。

 頼りになる井田DCの三人衆が状況を教えてくれるので、情報に出るようなネタはなんとか押さえることが出来て、とりあえずの体裁は整うかな…という程度に過ぎない。

 いちおう自分的には、これまで培った経験と知識なんぞを総動員して、今の海を見極めようとはするんだけれど、そんなに甘いものではないのである。

 ナントカカエルアンコウが居てナントカウミウシが居てナントカエビが居ましたね…そうそう透明度も良かったし、ナントカウオの群れもキレイでしたねえ……なんて、それだけしか伝えられないのであれば、ガイドなんて必要ないんじゃないかと思う。
 

 …で、こうゆうときは、とりあえず、本職の「写真撮影」に活路を見い出そうと、写真的視点に重点を置いて潜ることにしている。

 純然たるメモのような記録として写真を扱うなら、何でもただ撮って…ただ写っていればイイ。でも、その時に感じたイメージや心象までも描き出そうとすると、撮らなければならないものとそうじゃないものが明確になってくる。

 力のある写真になるか、そうじゃない写真になるかという点において、大事な要素の一つが写真的視点だと思っている。


 アオリイカの産卵…。

 ものすごく状況説明的な画…(苦笑)。

 出来的には「並」ですな…。

 いろんな要素を取り入れようとして主役不在になってしまった。

 だけど、何度も何度も何度も何度も何度も…何度も通って、こうゆうのを撮っているうちに、被写体が最高の一瞬を見せてくれる…。その一瞬を逃さず持てる技術の全てを注ぎ込んで傑作をものにするというのが、ネイチャーフォトの醍醐味。

 撮影者がアプローチをしかけてどうこうするものではない。

 とりあえずは、アオリイカ好調の今年らしい一枚は撮っておかないとマズイだろう…と、狙ってるんですけどね。


ヤリイカ科(ジンドウイカ科) / LOLIGINIDAE
アオリイカ / Sepioteuthis lessoniana (Lesson,1830)



 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/06/18(土) 18:18:06Cuttlefish / Squid trackback:0 comment:0 アオリイカ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.