FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ムラサキウミコチョウ

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/90 iso100



 貧乏暇無しというヤツで…。



 最近ちょっと…いや…ものすごく残念だったことがあった。


 仲間内からの潜りの誘いは断らないという方針でいるのだが、どうしても時間を空けることが出来なかった。


 今週は超過密スケジュール。


 せめて誘いが2~3日前だったなら…。


 そうもいかないということは重々承知しているのだが…。


 きっと、すごく面白い潜りが出来たんではないか…と思うと、本当に悔しい。


「う~ん…残念…」と悔やむ自分の子供さ加減も、どうゆうもんだろうか…とも思うが…(苦笑)。


 これに懲りずまた誘ってください。



 写真はムラサキウミコチョウ。

 撮影者に対して「気持ちは分かるんだけどねぇ…」とコメントしたくなるような詰めの甘さ。

 でもまあ失敗例も見せなくては勉強にならないでしょ…(笑)。

 言い訳としては…、状況的にこうしか撮りようが無かった。時間が足りなかった。このウミコチョウが非協力的過ぎた。…という感じだろうか。

 だけども、ここに至る過程でチャンスは無かったのか?…と問われると、思い当たる節が無いでもない。

 ネイチャーフォトは的確な知識と判断…そして反射神経で結果が決まる。瞬発力こそ肝である。

 

頭楯目 / CEPHALASPIDEA
ウミコチョウ科 / Gastropteridae
ムラサキウミコチョウ / Sagaminopteron ornatum (Tokioka & Baba, 1964)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/06/15(水) 02:24:11Sea slag trackback:0 comment:0 ムラサキウミコチョウ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.