Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

トウヨウホモラ

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/60 iso100



 井田では今や普通に見られる甲殻類となってしまっているトウヨウホモラ。

 同じカブリモノ系で、もっと数が多いと思われるカイカムリの仲間はとても小さくて、環境に埋もれるように隠れているのだけれど、このトウヨウホモラのうまく隠れ切れていない事から生じる違和感には、微笑ましいユーモアのセンスが感じられる。

 不自然な場所に不自然な格好でカイメンがあったりするので、そこに居ることが分かってしまうのだ。

 そんな隠れ方でも海の中の天敵に対しては有効なのだろうか…。


 しかしながら、機能よりも芸術性を重視したかのようなアバンギャルドな佇まいを見ていると、この甲殻類を愛して止まないヒトたちの気持ちも分かるような気がしてくるのであった。


ホモラ科 / Homolidae
トウヨウホモラ / Homora orientalis(Henderson,1888)
井田



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/05/17(火) 02:23:57Crab / Shrimp trackback:0 comment:2 トウヨウホモラ
コメント
この記事へのコメント
> クロブチ@甲殻類♪ さん
思うに、大瀬も20m台に居るんではないかと…。

うん…

居ると思う。

だけど、深いところの方が背景が良いかもしれませんね。

ことホモラの背景に関しては、井田だとイマイチです。このナマコは良かったけど。

ぎりぎりセーフってことで…(笑)
2011/05/20(金) 01:44:13 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
いやいやいや…停まらない感じですね(@_@;)

例のナマコONも素敵っす!!
こちらももう少し浅目だったらなぁ…

バリエーションが羨ましいっす…
2011/05/18(水) 14:07:02 | クロブチ@甲殻類♪ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。