FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

フクロノリ

FUJIFILM FinePix F30 f4.5 1/125 iso100



 透明度が良くなった!と喜んでいたら、一夜にして一気に濁ってしまった。

 写真は濁る2日前に撮影したもの。

 海底を覆いつくすフクロノリを見て、珊瑚礁とはまた違った美しさを感じ、シャッターを切ってみた。

 
 それにしても、このフクロノリ…、海が荒れたりすると、波打ち際に物凄い量が打ち上げられる。

 荒波で簡単に千切れてしまうのだ。

 …で、写真の場所あたりのフクロノリが減ったと思っていても、2日もするとまたビッシリと生えている。

 恐るべき成長速度である。


 そこで思うのが、これを美味しく食べることが出来ないだろうか…ということ。

 砂糖と醤油で甘辛く煮て佃煮にするとか…。

 だけど、堅さを感じる海藻だし、砂とか貝とかを取り除くのも面倒そうだし、イマイチかもしれない。


 ヒロメなんかはよく食べるけれど、若葉のような柔らかいヤツはほんとうに美味しい。

 拾ってきて熱湯をかけて叩いて刻んでポン酢と鰹節をかけるだけで充分なんだけど…。


カヤモノリ科 / Scytosiphonaceae 
フクロノリ / Colpomenia sinuosa



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/03/08(火) 01:07:15others trackback:0 comment:0 フクロノリ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.