FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

アイナメ属の一種?

FUJIFILM FinePix F30 f4.0 1/1000 iso100



 意識しないでいると地味路線を突っ走ってしまうこのBLOG…。

 地味なダイビングばかりしているのか…と言われると、必ずしも全否定は出来ないのだけれど…(苦笑)。

 でも、普通のネタも押さえてますんで…(念のため)。


 コイツはアイナメかクジメの幼魚だと思う…と言ったところで、誰が関心を抱いてくれるのであろうか…という思いはある…(笑)。

 極めて個人的には、初見なもので興味津々なんだけど…。


 最初は見たときは一瞬アナハゼ系かと思ったのだが、それにしては微妙に身体が扁平気味…。

 …で、よく見てみたところ、この鰭の感じと鱗の細かい感じはアイナメの仲間しか思い浮かばない。

 井田でアイナメの仲間といえば、クジメとアイナメしか見たことが無いので、可能性としてはそのどちらかの幼魚だろう…と推理しておくのがいちばん無難なところかと…。


 ネタ探しをするには邪魔なことも多くて、少々鬱陶しく感じてしまうこともある海藻繁茂の季節だけれど、海藻そのものは綺麗なのでキライじゃないし、この季節だからこそという生き物たちを見ることが出来るのはとても楽しい。


アイナメ科? / Hexagrammidae
アイナメ属の一種? / Hexagrammos?



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/02/26(土) 23:55:15Fish trackback:0 comment:0 アイナメ属の一種?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.