Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ハクセンアカホシカクレエビ

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/90 iso100



 これまでにも、何度も何度も撮影しているけれど、見かけるとついついカメラを向けてしまう。

 希少価値とかは無いかもしれないけれど、赤と紫が印象的なとてもキレイなエビ。

 動きなんかも見ていると、とてもオモシロイ。

 エビ好きのダイバーが結構多いというのも頷ける。


 このところ急激に冷え込んだせいか、持病の関節痛が出て動くのも一苦労であった。

 日々海に潜るということを繰り返していると、関節痛というのはあまり気持ちのいいものではない。

 神経質なヒトとか心配性のヒトだったら、すぐに「減圧症か?!」ってことになるんだろうな…(笑)。

 だけど、僕の場合は、古傷が多くて、あっちが痛かったりこっちが痛かったりというのはしょっちゅうなので、疑い出したらきりがない。だから基本的には考えないことにしている。

 でも、歳のせい…と言うよりは、潜ったせいで…と言っていたほうが、オヤジっぽくなくて良いのかな…。


テナガエビ科 / Palaemonidae
ハクセンアカホシカクレエビ / Periclimenes kobayashii
井田



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/02/13(日) 00:00:08Crab / Shrimp trackback:0 comment:2 ハクセンアカホシカクレエビ
コメント
この記事へのコメント
> まどか さん
コメントありがとうございます。

水中撮影で一番大事なのはダイビングスキルです。
そして、ダイビングスキルの上達にいちばん必要なのは経験です。
たくさん潜れば写真も上達します。

次に必要なのは、ちょっとした写真のセオリーを覚えること。
カメラは機械なんでとても正直です。
思ったとおりに撮れてなかった場合には、必ずその理由があって、
ほとんどの場合、撮影者の方にモンダイがあります。

「こうゆう場合はこうする」というセオリーを覚えておけば、
物理的に無理が無ければ絶対に撮れます。

セオリーを覚えるにも経験が必要なので、たくさん潜るっていうのが一番大事でしょう。

このBLOGに載せている写真は、
全てコンパクトデジカメで外付けのストロボなど使わずに撮っています。
ちゃんと使ってやれば誰でもこれぐらいは撮れちゃいますヨ。
2011/02/16(水) 00:01:51 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
すごく撮影がうまいです
水中写真のコツ教えてください
魚は近づくとにげちゃうし・・・
このブログに私の写真も少し載ってるんですがお粗末なものばかり。
水中カメラの撮影自体はまだ3日しかしたことないんです6ダイブ分。
これは数でスキルもあがりますかね??

出来ればアドバイス下さい。
http://mdkaoa1989.blog101.fc2.com/

2011/02/15(火) 07:06:21 | まどか | #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。