Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

クロヘリアメフラシ

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100



 先日のこと…

 海から上がってくると「すごく透明度が良くて気持ちイイねえ~っ!!」とお客様。

 そこで間髪入れず「そうですねえっ!!!」と相槌を入れれば良いのに…、


 そうかな?…妙に白っぽく霞んでたけどな…


 先週からだいぶ濁ってきてるんだよな…


 先々週までは最高にキレイだったんだよな…


 と思うと、

「ああ、そうですか…良かったですねえ」とチョット歯切れが悪くなる僕。

 根が正直なんで仕方が無いんです…(苦笑)。

 言うならば「まあ、いつも通り、楽しい海ですね!」という感じだろうか。

 …で、嘘をつくのはイヤなので、生き物の話とか写真の話をしつつ海の近況等を伝えたり…。


 たいていのことは惰性とノリと勢いだけでやってしまうんだけど、海のことに関しては、常に正解を…とまでは言わないまでも、出来る限り正確で正しい情報を提供するのが仕事だと思っている。

 本当に凄いなあと思ったり、感心したり、感動したりしたときは、もちろんそれなりのレスポンスが出来るのだけれど、そうじゃないのにただ調子を合わせて…というのは僕には無理…(笑)。

 無理やり子供だましみたいないい加減な付加価値を取り繕う必要もないし、あるがままを楽しむのがイチバンなんではないかと思うので。


「この生き物は珍しいですか!?」と訊かれる時は、「珍しいです!」という回答を望まれているんだろうと、ひしひしと感じるんだけど、僕は出来る限り数値等を織り込みつつ具体的に答えることにしている。

 だけど、決してノリが悪いだけということはないから…(笑)。

 僕だって生まれて初めてマンボウを見たときはガッツポーズして、連れていたお客様全員とガッチリ握手して、ニッコニコしながらエキジットしたからね。

 価値観ってのは、自分で決めるものであり、自分の経験で作られていくものであり、それを他人に押し付けるものではないし、同時に他人の価値観を否定できるものでもないと思う。

 まあ、その人の価値観を知れば、その人の事が見えてしまうという部分でもあるので、磨くべきところだとも思うけれど。

 価値観を磨くには、そのことに対する経験を積んで勉強しなきゃですな。何かで読んだだけとか聞いただけとかで作られた薄っぺらな価値観じゃ薄ら寂しいから。


 …で、初めてのマンボウなんかじゃなくて、今の時期になると浅瀬にウジャウジャと発生するこの珍しくもなんともないクロヘリアメフラシでも、僕は心の底から楽しみながら眺めることが出来る。

 生態とかはまだよく知らないのだけれど。この姿かたちを見て単純にオモシロ可愛い生き物だと思えるから。

 それもまた価値観。感性かな…。



無楯目 / ANASIDEA
アメフラシ科 / Aplysiidae
クロヘリアメフラシ / Aplysia parvula (Guilding in Morch, 1863)



 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/02/08(火) 00:00:00Sea slag trackback:0 comment:0 クロヘリアメフラシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。