FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

トサカクレエビ

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/100 iso100



 潜水作業の仕事があってチョット井田を離れていたら、またキアンコウが出たらしい。

 僕はアンコウ運がかなりイイはずなのに、なぜか今季は見れていない。

 かすりもしない…。

 僕が大瀬とか清水とかに出かけているときが井田でのアンコウウォッチングのチャンスかも…

 なんてことになったらイヤだな…と思いつつ、深場を流してみた。

 まあ、そう簡単に見れたりしないよなぁ…(苦笑)。


 何も撮らずに上がってくるのも悲しいので、チョットだけ寄り道してこのトサカクレエビを撮ってきた。

 もうちょっとインパクトのある撮り方をしたヤツを…とも思うのだけれど、背景のキレイな図鑑写真ってのも大事だし、このBLOGの写真は水中写真の撮り方を説明するときの作例に使ったりもするので、いちばんカンタンに撮れる方法でオーソドックスな画を…という作例のコンセプトにのっとって、今日はこの写真。

 さて、このエビ、他にも何ヶ所かで群れているらしく、今季の井田ではやけに多い。

 大瀬の湾内の深場で見れるの生き物は、井田ではプラス10m近く深いってのが相場だったから、ここも深いっちゃあ深いのだけれど、大瀬の湾内で狙うよりは楽かな…という珍しいケース。

 でもまあ、窒素はガツンと溜まります。


テナガエビ科 / Palaemonidae
トサカクレエビ / Ancylomenes tosaensis (Kubo, 1951)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/02/04(金) 00:00:00Crab / Shrimp trackback:0 comment:0 トサカクレエビ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.