Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

クマドリカエルアンコウ

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/60 iso100



 在りし日のクマドリカエルアンコウ。

 あるとき、いつも潜りに来られるゲストの方が、このクマの背景にブワぁ~ッとキビナゴが群れているショットを撮ってきた。

 いいなあ…そんな瞬間に出遭えたらどう撮ってやろうか…と思いながら、日々、ここに来ていたのだが、残念ながら、自分が撮影できるときには、そんなシチュエーションには出遭えなかった。


 この日は、あまりにも透明度が良く、デジカメで撮影するには丁度良い曇り空だった。

 晴れた日だと水面のハイライトが飛んでしまうことが多いのだけれど、このときはイイ感じで水面の模様を描写することが出来た。


 だけど、毎日のように通っていたせいか、サラリと撮り過ぎてしまってるな…。

 もうチョット鰭が開いている瞬間とかあったろうに…(苦笑)。

 もっとイイのが撮れたらそれをUPしようと思っていたのだけど、どこかへ旅立たれてしまったので…。


カエルアンコウ科 / Antennariidae
クマドリカエルアンコウ / Antennarius maculatus (Desjardins, 1840)
井田



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/01/28(金) 00:33:33Fish trackback:0 comment:2 クマドリカエルアンコウ
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
近くに居てくれるといいんですけど…。
きっと居るだろう…という気もしますし…。

だけど、ベニがたくさん見つかってます。
イロもまだまだ居そうですし。

カエルアンコウ好きの季節は続いてますヨ。
2011/01/28(金) 23:14:01 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
カエルアンコウ祭り~♪
カエルアンコウの更新が多いとテンション上がります(笑)
このバックにキビナゴの群…垂涎ものですね。
すくすく成長を見せてくれていたこの子も旅立ってしまったのは残念です。。。

近々行って捜索したい気分です
2011/01/28(金) 01:21:29 | yuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。