Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

クマドリカエルアンコウ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 ずっと観察は続けていたのだけれど、前回UPしたのは45日前だからUPするのは本当に久しぶり。

 毎日のように撮っていたので、たまには成長の経過を載せようと思いつつ、現地ガイドのネタが定番クマドリカエルアンコウじゃあベタ過ぎて情けないので…なんて出し渋っていたら、ここにきて水温14度…いよいよ居なくなりそう…。

 …というわけで、居なくなる前の雄姿を。

 井田でも大瀬でも過去にクマドリカエルアンコウがこんなに育ったことは無いんじゃないかな。

 貴重だと思います。



 …で、正しいかどうかは分からないけれど発見が一つ。

「またMatsukawaがバカな事を…」と思う人は聞き流して…(笑)。


 上下2枚の画像、上画像は水深20mオーバーに居た個体で、下画像は水深12~15mぐらいに居た個体。

 どちらも幼魚のときはキレイな白地の似たような体色だったんだけど、その後、浅くて明るいところに居る個体(下)は、白い部分がどんどんグレーっぽくくすんできた。

 ちなみに、赤いイロカエルアンコウも浅いところと深いところにいるんだけれど、同じように浅いところのヤツは黒ずんだ赤で、深いところのヤツは鮮やかな赤。

 カエルアンコウも日焼けをするんだ!と思った。


 伊豆半島に入ってから大瀬井田までの道すがら、海を見ると養殖生簀がたくさんあるのだけれど、黒いシートをかけてあるのがマダイの養殖生簀。

 深いところではピンクのマダイも、浅い養殖生簀では日に焼けて黒くなってしまうらしい。黒いマダイだとおめでたくないので黒くならないように日焼け対策をしているというわけ。


 カエルアンコウに同じことがあってもおかしくはないな…と。


 個人的には、けっこう興味深い出来事だったのであった。

 

クマドリカエルアンコウ

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100


カエルアンコウ科 / Antennariidae
クマドリカエルアンコウ / Antennarius maculatus (Desjardins, 1840)
井田



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/01/25(火) 00:00:00Fish trackback:0 comment:0 クマドリカエルアンコウ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。