FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ツノキイボウミウシ

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/60 iso100



 ツノキイボウミウシでよいのかな…。

 井田ではときどき見かけるウミウシ。

 イボウミウシの仲間はあまり人気が無いような気がするのだけれど、気のせいか…。


 この写真を撮っているとき…

 最初はウミウシを狙っていたのだけれど、途中からイチモンジハゼがやってきて狙いが代わってしまった…。

 だけども、ウミウシの触覚がきちんと出てくるのを待っているうちに、またイチモンジハゼはどこかへ行ってしまい、結局どっち付かずの写真しか残らなかった。

 それでもまあ、なかなかオモシロイ瞬間だとは思うのだが…。

 これでは、黒縁氏に、コラボレーションとしては却下されそうだな…(笑)。

 

裸鰓目 / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
イボウミウシ科 / PHYLLIDIIDAE
タテヒダイボウミウシ属 / Phyllidia
ツノキイボウミウシ / Phyllidia elegans Bergh, 1869
井田



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2011/01/23(日) 23:50:11Sea slag trackback:0 comment:2 ツノキイボウミウシ
コメント
この記事へのコメント
> コラボ☆クロブチ さん
イチモンジハゼがもうチョット主張してくれたら…いや…もうチョットいいポーズを決めてくれたら…と。

僕的には未完成感を感じてます。

だけど、良いシチュエーションですよね。
面白いと思ってもらえたら、それだけでウレシイです。
2011/01/28(金) 00:02:36 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
う~ん…有りですね☆

どなたかの写真集でハゼが縄張り争いで、『縄張りの岩の天辺にいるウミウシに乗っかる』って文章と写真を見たときに撮ってみたいなぁ…って思いました☆

シチュエーション好きとしては…

素敵っス☆
2011/01/27(木) 09:52:26 | コラボ☆クロブチ | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.