Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

タカベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f2.8 1/15 iso100



 12月16日、すでに十数年来欠かさず1ヶ月に1度は必ず一緒に潜っているという五十嵐氏の誕生日である。継続的にお付き合いさせていただいている方としては、静岡に来てからずっと行っている美容師さんの次に付き合いが長い。

 僕が店を出したばかりの頃………男性客率95%以上で泳ぎまくりの体育会系ダイビングショップだった頃から、男性客率が50%を切り、可愛い魚を見ながらノンビリとユックリと潜ろうネ…というソフト路線に変わっていったという現在に至るまでを全て知っているのが五十嵐氏である。

 本当にこじんまりとやってきたので、来てくれる全ての方に深い感謝の気持ちを抱かずにはいられないのだが、そんな中でも、五十嵐氏なら何処かで「ああ、松川なら知っているよ」と話されていたとしても、「確かにその通りです」と言える数少ないお一人である。

 僕が小学生の頃、五十嵐氏は高校生だったというぐらいの年齢差があるのだが、今、マラソンを走ったら数百メートルも並んで走ることが出来ないだろうというぐらいのアスリートでもある。何年か前に氏の姿を見てダイエットを決意したこともあった…(笑)。
 

 さて、その"五十嵐"という名のせいか潜りに来ると必ず海が荒れるというジンクスがあり、"嵐を呼ぶ男"という呼び名を与えられていたのだが、ここ数ヶ月は穏やかな日々が続いていた。

 しかし、昨日は朝から大荒れでクローズ。「またか…」と、嵐を呼ぶ男復活を予感したのだが、今日は、見た目的には少々波があるものの、ぜんぜんパワーが無い波で、エントリー&エキジットは適度な深さが得られてむしろ楽なぐらい。いちばん大きな波が来ているときでさえ会話しながら出入りできるぐらいの海況であった。


 実は、こうゆうチョット荒れてる感があるときの群れがイイ。密集感があり、動きに統制がとれていて格好いいのだ。

 2本目は群れ狙い。空模様を見ながらタイミングを計り15時エントリー。ドンピシャで最終エキジット時間まで終始タカベの大群と遊ぶことが出来た。

 ただ、天気が悪かったので暗かった…。

 カメラをチョット下方に向けると、絞りを開放にしてもシャッター速度は1/4秒とか…。

 被写体の動きが速いのでブレまくりである。

 だけど、これもストロボ撮影では得られない効果だろうということにして撮りまくってきた。

 まあこうゆうのもありでしょう。
 


タカベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f2.8 1/4 iso100


タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/12/16(木) 21:03:54Fish trackback:0 comment:0 タカベ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。