Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

イロカエルアンコウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/4 iso100



 よく移動するヤツである。

 いつも偶然にどこかで出くわすという感じ。


 移動しない個体は、ネタとしては助かるのだけれど、面白みに欠けるのも確か。

 ずっと同じところに同じような感じで居てくれるヤツも、見かけると成長記録のような感じで撮ったりしているのだけれど、過去の画像から連続してみると、パラパラ漫画を見ているような感じである…(苦笑)。


 同じところに居つかない個体は、背景のシーンに変化があるので、撮っていて面白い。


 …とは言え、それもイイ所に居てくれたらの話であって、まともに撮れないような所に居ることも多い。

 おお!…と思うような所に居てくれることは滅多にない。


 このときは、まあまあ面白かったかな。


 無難で静かな感じの写真だけれど、実はわりと無理な体勢で撮っている。

 しかも背景を明るくするためにシャッター速度を遅くしているので、撮影者はサーカス的なバランスで静止しているという状態…(笑)。

 ちなみに、天地で言うと、向かって左側が「天」。

 よく見れば分かると思う。


 海の中での撮影は、水平垂直を気にしなくていいことが多い。

 そうゆう意味では、フレーミングの自由度が高い。

 見た瞬間に、「こう撮ろう!」と決まるようなケースもあるけれど、そうじゃないときは、頭を柔らかくして、どう撮れば良いのかをよく考えると良いんじゃないかな。


カエルアンコウ科 / Antennariidae
イロカエルアンコウ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/12/14(火) 00:00:01Fish trackback:0 comment:0 イロカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。