Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

オキナワハゼ / 大瀬

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/100 iso100



 先日、遊びに来てくれた方と話していたときのハナシ…

「行き詰っていたんでモチベーションを高めるためにカメラを買っちゃいました」

 …だそうです。


 分かります。

 その気持ち。


 僕もそんなふうに出来たら、誰もが感動に涙し、モニターの前で声を失うような写真を撮れてしまう…

 …


 …ような気がします。



 ウソです。

 撮れるかどうかは…。



 でも、道具がモチベーションを高めるのは事実ですな。

 道具は道具にしか過ぎないけれど、そうゆう効能を認められないわけではない…と。



 …が、


 僕には無理です。


 買えません…(苦笑)。


 今やボロボロで傷だらけ…、10回シャッターを切ったら3~4回はストロボが光ってくれないという、シャッターチャンス命の生物撮影には致命的とも思える旧式普及タイプコンパクトデジカメを、だましだまし使っていくしか術がないというのが現状。



 モチベーションの低下…

 あります。

 ありまくりです。


よっしゃ!!」と思ってシャッターを切ったらストロボが光らなくて画面が真っ黒。

 その1枚を撮るために何日間を費やしたかを思うと…頭の中は真っ白に…(苦笑)。



 でも、こんな素敵な生き物に出遭えると、癒されてしまうのである。


 この小さなオキナワハゼは可愛かった。


 丸くて大きな胸鰭を広げて立てたり寝かせたりする独特のムーブを見ていると、思わず笑顔になってしまうのであった。  



オキナワハゼ / 大瀬

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/100 iso100



地味かわいい…



ハゼ科 / Gobiidae
オキナワハゼ / Callogobius hasseltii (Bleeker, 1851)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/12/11(土) 00:00:01Fish trackback:0 comment:0 オキナワハゼ / 大瀬
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。