FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

フサカサゴ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



 触れずにおきたかったフサカサゴ系…

 前々回に触れてしまったので、やっぱり気になり始めてしまった…(苦笑)。


 コクチフサカサゴ?…なんてことにしておいたけど、フサカサゴ?ぐらいにしておけば良かった…などと思ったり…。


 コクチフサカサゴとフサカサゴの簡単な見分け方として、口元をチェックすることが知られているのだけれど、この口の大きさの判定…、チョットした見る角度の違いでどっちにも見えてしまうのである。

 今回のヤツは、前々回にUPしたヤツと別個体。パッと見たら同種にしか見えない…。

 だけど、真横から撮った画像を見ると口がでかい。

 だったらフサカサゴだ…ということになるのだが…。

 どうも釈然としない…(苦笑)。

 口の大きさに地域差とか個体差があることってありそうな気が…と思ったりもするし…。


 まあ、やっかいな種であることは間違いないところだろう。



フサカサゴ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100



フサカサゴ科 / Scorpaenidae
フサカサゴ? / Scorpaena onaria (Jordan and Snyder,1900)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/12/07(火) 00:00:01Fish trackback:0 comment:2 フサカサゴ? / 井田
コメント
この記事へのコメント
> いたる さん
少しづつ…(笑)。

なにせこうゆう魚なんで、この時期に行動パターンを観察するとなると、それだけで何も得られずに終わることを繰り返しそうだし…。

でも、ガラスハゼでもそうだけど、お魚ポートレーターとしては、最終的には形質的な違いも見いださないと収まりが良くないよなあ…ムズカシイ(苦笑)。

確かにマダラはちょっと特徴的ですよね。
おっコイツがマダラだろうって感じでピンとくるヤツが見れますな。

サンプル画像ありがとうございます。
おそろしくレタッチ耐性が強い印象です。
イイですねえ…。
もうちょっとアレコレいじってみます。
2010/12/07(火) 11:45:34 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
フサカサゴ是非ともやっちゃって下さい!
自分も結構好きだったので見分けようと努力した記憶はありますが結局分からずすべてコクチフサカサゴ?になりました(笑)
屋久島でもカサゴ系はほぼノーマークです。
少しやる気が出ました!
根拠は全然ないけど一本松の15~20m辺りにはマダラフサカサゴ?と思える魚がよくいました。
2010/12/07(火) 09:33:32 | いたる | #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.