Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ムラサキウミコチョウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100



 一眼レフカメラで撮影していた頃は、水中でレンズ交換できないということもあって、潜る前から大雑把ながら撮影するもののイメージを持って臨む事が多かった。

 それどころか、最初から一つ二つは撮るものを決めていたことも多かったと言ってもいいだろう。


 コンパクトデジカメを使うようになってからは、被写体のサイズに関しての制約が極端に少なくなり、一眼レフカメラでは撮る事ができないようなところに居る生き物も撮る事ができるようになった。


 これはオモシロイ!ということになり、自由なダイビングを楽しむようになったのだが、実はいくつかのモンダイも出てきた。何でも撮れてしまうがゆえに、狙いが定まらないのだ。

 撮れない不自由さから開放されたと思っていたら、撮れてしまう事によってジレンマを感じてしまうようになるとは…。

 要は、集中力が無いということなんだけどな…(苦笑)。



 今日もあても無く、何か面白いものは居ないかな…と、フラフラ泳いでいるときに見つけたのが、このムラサキウミコチョウ。

 わりと撮りやすいところに居たので、撮っておいたのだが、その後、次から次へと見つかり、全部で6個体。

 特に探していたというわけではないので、けっこう個体数が多いということだろう。


 …で、戻ってPCのモニターで画像を確認していたら、コイツにも眼(?)らしきものがあることに気がついた。

 そんな事に今頃気がついたのか!と、世のウミウシマニアの方々に叱られそうだったけれど、本当に知らなかった。

 この眼(?)だが、角度によってはまったく見えなくなってしまう。真正面から撮って両眼が写っていればオモシロイと思ったのだが、真正面からだと見えなくなってしまうのである。表面ではなく表面の裏側に黒っぽい色素がある感じなので、見る角度によって表面の厚みが違ってきてしまってそうなるのかな。

 しかし、これぐらいシッカリと認識できるのなら、眼を意識して撮らねばならないだろうな…と思ったのであった。


ムラサキウミコチョウ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/100 iso100


頭楯目 / CEPHALASPIDEA
ウミコチョウ科 / Gastropteridae
ムラサキウミコチョウ / Sagaminopteron ornatum (Tokioka & Baba, 1964)




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/12/02(木) 19:51:58Sea slag trackback:0 comment:0 ムラサキウミコチョウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。