FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

タカベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f2.8 1/15 iso100



 井田では毎年恒例のタカベラッシュ!

 とにかく物凄い数のタカベが怒涛のごとく押し寄せてくるシーンは迫力満点!


 この超巨大な群れの発生には繁殖行動が絡んでいるんではないかと思っている。

 お腹に卵をいっぱいに持った個体がたくさんいるのだ。

 …で、繁殖時期の終息とともに、この群れは、いつもの感じに戻っていくというのが、今のところの僕の見解。


タカベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f2.8 1/18 iso100



 このタカベの群れを狙うには、いくつかポジションの取り方があるのだけれど、コンデジで狙うならば浅いところで狙うのがいちばん。自然光をたっぷり取り入れて、鮮やかな黄色いラインを際立たせたい。

 ただし、狙える時間が夕刻近くになるので、ホワイトバランスに気をつけなくてはならない。

 この時間帯の太陽光は色温度が極端に低いので、ちょっとしたカメラアングルの違いで、見られないぐらいに色調が転んでしまうのだ。そして時間の経過による著しい光線の変化にも要注意だ。

 自分の深度とポジションを絶えず把握しつつ冷静に撮ることが必要になる。


 ただ、そうは言っても、群れ撮りのシャッターチャンスは唐突に訪れる。のんびりとしていては最高の瞬間を逃してしまうので、本気で撮るならば相当に忙しいことになる。カメラの設定ボタンを、女子高生が携帯メールを打つかのごとくスピードで操作しつつ、最適なポジションに移動しなければならない。しかも、潜水禁止エリアの際付近で撮る事が多くなるので、そうゆうときは、海底のラインも絶えず意識していなければならないから、さらに忙しい…(苦笑)。


 いずれにせよ、日による状況の違いもあるので、何度も通って、最高の瞬間に出遭うチャンスを増やすのが一番良いのではないかと思う。


タカベ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f2.8 1/20 iso100




タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/12/03(金) 00:00:01Fish trackback:0 comment:2 タカベ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> いたる さん
井田のタカベは面白いですよ!
今がピークです!

1月はどうだろう…。
水温とかにもよると思うんだけど…。
こればかりは何とも…。
見れるときは見れるけど、今みたいに狙って確実にドカンと来るヤツに当てられるかどうかは分かりません。

メール添付ファイルのみハジかれたようです。
2010/12/05(日) 00:08:50 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
うわ~すげぇ。。。。。
こんなタカベの群れ見たことないかも。
1月中ごろも見れますか?

ところでメールを送ったのですが見れてますか?送れてないです的なメールが返ってきてしまったので。
2010/12/04(土) 23:41:02 | いたる | #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.