Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ガラスハゼ属の一種 / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/90 iso100



 同じじゃん…

 と、言いたくなってしまうけど、確かに、よく見てみると、言われたとおりのパターンの違いが見られる。

 僕が意識し始めてから日が浅いので、このパターンの違いを違和感として感じられるに到っていないのも問題…(苦笑)。


 とりあえず、今回は、ガラスハゼ属の一種-1とされているのはこのハゼのことだろう…と思われるサンプルを3点。

 第一背鰭前部下にある横帯が起点を超え前方に達している個体だ。

 (文で書くと分かりづらいので、いちおう説明の絵も載せておいた。→ 最下部画像参照)


 どう見ても違うように見えるのに同じ種だったり、たいして変わらないように見えるのに違う種だったり…

 まったくもって、不思議な世界である。


 ただ、未記載種というのは、まだ精査がなされていないので未記載なのであって、今後、こいつらは同種でしたってことになるかもしれないし、あるいは、この条件では同種の場合もあるし別種の場合もあるって感じで見極められないってことになるかもしれないし、さらには、2種どころかさらに分類が分かれてしまうという可能性だってある。

 あくまでも暫定的なものと考えたほうが良いだろう。


 でもまあ、いずれにせよ、こうやって基準を設けてくれると、コイツはこの種のはずなのに行動がおかしい…とか、別種のはずなのにペアになってる!…とか、そうゆうことがあったとしたら、そのことに気づきやすくなるだろうから、個人的には観察しやすかったりもする。 


ガラスハゼ属の一種 / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/90 iso100



 …で、産卵や行動(習性)のパターンから、この2種を見てみようと思っているのだけれど…

 数が多いので楽勝…と思っていたわりには、そうカンタンに事は運んでくれなかった…(苦笑)。

 
 こうゆうのを調べるのに必要なのは、同じような条件の状態で見ることと、とにかく観察するサンプルの数を増やすことだと思っているのだけれど、カンタンにはうまくいかないのだ。

 それはそうだよな…。野生の生き物なんだし…。

 まあ、いつものように焦らず長い目で見ていくことにしようと思う…(笑)。


ガラスハゼ属の一種 / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/60 iso100


ハゼ科 / Gobiidae
ガラスハゼ属の一種 -1 / Bryaninops sp.1




オオガラスハゼ(左) と ガラスハゼ属の一種-1(右) の違い
オオガラスハゼ と ガラスハゼ属の一種 -1 の違い
"日本のハゼ(矢野)"に記載されている違いである。
先にも書いたように、顔つきや体型などは成長具合で随分と変わってくるし、周囲の環境で体色にも変化がある。
あと、写真を見るときも、ちょっとしたアングルの違いや、表情の違いで、ぜんぜん違って見えたりするので要注意。





Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/11/02(火) 00:00:01Fish trackback:0 comment:0 ガラスハゼ属の一種 / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。