Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

イザリウオ
イザリウオ
イザリウオ
イザリウオ科 / Antennariidae
イザリウオ / Antennarius striatus (Shaw et Nodder, 1794)


 またか…という声が聞こえてきそうですが、イザリウオです。大瀬崎で見られるイザリウオは全て見たいと思ってますから(笑)。
 写真上は、僕好みのカモフラージュ系虎模様。自然光状態だと見落としがちなタイプです。この個体を見つけたときも、かなり多くのダイバーが素通りしていきました。この時期、イザリウオが居そうな場所にはセオリーがあるので、そこを押さえておけば見落とす可能性は減るんですけどね。写真中段は湾内でいちばんオーソドックスな黄色タイプ。…で、写真下はちょっと赤みが強い黄色で、アパッチっぽい模様が魅力的な個体でした。
 繁殖期のピークは過ぎたかな?…という感はあるものの、まだまだこれからの季節、探せば見られると思います。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/08/02(火) 03:39:18Fish trackback:0 comment:2 イザリウオ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
あべちゃん、まいどです。
イザリウオ縞模様バージョン、いいでしょう。
毛むくじゃらってのも居るので、探してます。

大きいイザリウオは夏が旬なので、居なくならないうちに潜りに来ましょう!
2005/08/04(木) 22:14:05 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
松川さん こんにちは。ホント、毎日暑いですね。

一番上のイザリウオ、すごいですね。最初なんの写真だか全然わかりませんでした。

今月の末頃か、来月には大瀬に行きたいと思っています。その頃までイザリウオさんたちには湾内などでゆっくりしていってもらいたいです。(その頃にはもうどっか行っちゃうかな?)
2005/08/04(木) 13:04:32 | あべちゃん | #fDHGYfu6[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。