FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

タマガワコヤナギウミウシ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/100 iso100



 芸は道によって賢し…

 仏の沙汰は僧が知る…

 餅は餅屋…


 まさにそのとおりだった。


 達人の手にかかると、こんな面白いウミウシがアッサリと見つかってしまう。

 
 勉強させてもらってしまった。


 おかげで、今日は、大きいのから小さいのまでたくさん見つけることが出来たのであった。



 それにしても、どっちが前でどっちが後ろだか…分かりづらいウミウシである。

 こうして写真で見れば分かるけれど、撮影中は本当にどれが触角だかすぐに分からなくなる…(笑)。 
 
 


タマガワコヤナギウミウシ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/90 iso100



裸鰓目 / NUDIBRANCHIA
タテジマウミウシ亜目 / ARMININA
コヤナギウミウシ科 / ZEPHYRINIDAE
コヤナギウミウシ属 / Janolus
タマガワコヤナギウミウシ / Janolus indicus (Eliot, 1909)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/10/16(土) 23:08:59Sea slag trackback:0 comment:2 タマガワコヤナギウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> うみうしふぇち さん
あ…うみうしふぇちさん。
先日はありがとうございました!

おかげさまで、ウミウシを見る感覚を思い出せました。
やはり、その道の方の仕事をナマで見せていただくのが、いちばん勉強になります。

あれからタマコヤ探しに、すっかりハマってしまって、違うのも居ないかな?…と、岩肌とにらめっこしています。

夕食もごちそうさまでした!
楽しい時間を過ごすことができました。

また井田に潜りに来てくださいね。
…で、すごいウミウシ見つけちゃってください!
僕もガンバッテ探しておきますんで。

p.s. オオウミウマ…翌日は居ました…(苦笑)。
2010/10/18(月) 00:02:25 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
うわ~~~さすがだ~~~~
こんなに綺麗に撮ってもらえて幸せだな~~タマコヤちゃん(^^)
実際に見るより写真にしてあげると本当に綺麗なウミウシですよねぇ。松川さんの事だから綺麗な写真撮ってすぐにUPしてくれると思ってたけど・・・ヤッパ凄いです(--;)
またお願いしますm(--)m
2010/10/17(日) 20:57:54 | うみうしふぇち  | #.zxHueVw[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.