Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

フシウデサンゴモエビ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/100 iso100



 そのエキセントリックな容姿は、かなりのレベルの格好良さなのではないか…と思っているフシウデサンゴモエビ。

 チラッと見ただけだと、ずんぐりしていて地味なエビなのだけれども、よく見てみると、そのディテールの凝り様や、扇情的ともいえるデザインに驚かされる。

 う~む…、コイツは好きだなあ。


 大瀬の湾内なんかだと、居るときはけっこう居て、見つけやすいし、撮影もしやすいのだけれど、井田の海のような環境だと、探すのも大変だし、ちょっと逃げられたらジ・エンドという場合が多い…(苦笑)。

 見る(撮影する)には、幸運もしくは粘りが必要…。

 浅瀬で、とにかく片っ端から岩の隙間を覗き込んでいれば見れる可能性はUPするだろう。

 

モエビ科 / Hippolytidae
フシウデサンゴモエビ / Saron marmoratus



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/10/15(金) 21:34:46Crab / Shrimp trackback:0 comment:2 フシウデサンゴモエビ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> 黒縁眼鏡 さん
うみうし師匠は井田でも鮮やかにキメてくれました。

電光石火でした。

次はかいかむり師匠の番ですから…(笑)。


エビ…井田ではこのシチュエーションなんですよ。

大瀬の外海でもこのシチュエーションでしょう。

狙い目は大川辺りかと…。

でも面倒っちゃ面倒です。
楽に探したいです…(笑)。
2010/10/16(土) 07:52:04 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
うみうし師匠によろしくお伝え下さい(笑)

にしても納得してしまう一枚っすね…
なぜにそのシチュエーションで(>_<)
2010/10/16(土) 06:47:49 | 黒縁眼鏡 | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。