FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ハクセンアカホシカクレエビ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f7.1 1/100 iso100



 今週はブダイとベラで押し切ろうかとも思ったのだけれど、あんまり人気がないのでオーソドックスなネタで…(笑)。

 ハクセンアカホシカクレエビは、この仲間ではいちばんコンスタントに見られるエビだと思う。

 棲息水深がやや深いので、状況が安定していて、年によるブレが少ないのだろう。

 …で、深いとはいえ、めちゃくちゃシンドイ…というほど深くはないというのもネタとしては助かるところ。

 メンタルとスキルが安定していて、エア持ちが悪い方でなければ、誰でも見に行ける。

 逆に言うと、そうでないのであれば、わざわざコイツを見に深いところに行ったりしない方が無難だろう。

 見れるときにはもっと浅いところでも見れるしね。


 ただ、この個体をわざわざ見に行くのには、それなりの意味がある。

 上の写真を見ただけでも、分かる人なら、僕がどうゆう状況を狙っているかがわかると思う。

 かなり素敵な写真が撮れる可能性が高いのだ。

 残念ながら、このときはハズレ。

 仕方ないのでクローズアップを数カット撮って撤収したのだけれど、また狙いに行かなきゃなるまいと思っているところ。


 なんにせよ、甲殻類がオモシロイ季節になってきた。

 このエビの他にも、アカスジカクレエビなんかは、それだけ狙いで潜ってもかなり楽しめる。

 変わりどころでは、アヤトリカクレエビやフシウデサンゴモエビ、ウミウシカクレエビなんてのも見ているし、今年だったらフリソデエビやコガラシエビやコールマニなんかも見れちゃったりするのでは…と期待している。

 そういえば、ミネミズエビ(↓下写真)なんていうのも、今季は結構目立っている。

 こうゆうスケルトンタイプのエビは、気にしていないとぜんぜん見えないけど、気にしていればどんどん目に入ってくるので、シッカリ見てみると良いんじゃないかな。


ミネミズエビ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f8.0 1/100 iso100


ハクセンアカホシカクレエビ / Periclimenes kobayashii

ミネミズエビ / Miopontonia yongei




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/10/08(金) 15:19:56Crab / Shrimp trackback:0 comment:2 ハクセンアカホシカクレエビ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> 黒縁眼鏡 さん
うん…かなりね…(笑)。
2010/10/15(金) 23:25:53 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
かなり素敵な写真だったでしょうね(>_<)
2010/10/14(木) 13:42:44 | 黒縁眼鏡 | #1.E5DkAA[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.