Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ブチブダイ / 井田

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/400 iso200



 ブチブダイの幼魚。

 ブチブダイ……

 きっと名前が良くないんだろうなあ……

 間違いなく注目はされないんだろうな…(苦笑)。


 僕は井田では初見である。だから、コイツを見たときは、かなり熱い気分になった。

 ちなみに、大瀬では過去に2回だけ見たことがある。
 

 昨日UPしたニシキブダイにしても、このブチブダイにしても、なかなか魅力的な魚だと思うんだけど…。

 ウィキペディアによると、ブダイという名前の由来には、いくつかの説があり、身体が鎧を着た武士のようなので『武鯛』、ヒラヒラと舞うように泳ぐ姿から『舞鯛』、鯛に比べて不格好ということで『醜鯛』もしくは『不鯛』という説があるらしい。『醜鯛』とか『不鯛』ってのは字面も良くないから、『武鯛』とか『舞鯛』っていう方を認知してもらって、イメージアップ戦略を図らねばなるまい…。『舞鯛』ってのはなかなかキレイでいいな…。

 大きく書いておこう。

 ブダイ=舞鯛


 個人的に感じるブダイのチャームポイントは、大きな胸鰭をパタ…パタ…と動かす泳ぎ方だと思う。かなり癒し系なんだけどなあ。


 話は変わって、このブログ…、アクセス解析なんてものをつけているんだけれど、地味なネタだと不思議と露骨にアクセスが減る…。アクセスした時点でカウントされるんだから、アクセスする時点では内容が地味か派手かは分からないはずなんだけど、なぜか必ずそうなる…(苦笑)。

 ニシキブダイをUPした昨日はアクセスが少なかった…。

 おそらく今日も少ないのだろう。

 でも、天邪鬼な性格なもので、「だったらしばらくブダイの仲間オンパレードでいってみようか」などとも考え中…(笑)。


 ちなみに、その前は、とっても地味な大瀬のナイトネタだったんだけれど、アクセスは普段の3倍。井田と大瀬のメジャー度の違いなのかもしれない…(苦笑)。

 だけども、僕はこう考えている。

 美味しい小さなラーメン屋を見つけたとしても、こうゆうブログなんかに書いたりはしない。仲間内で話をするぐらいだろう。行列店なんかになってしまって、今と感じが変わってしまったり、自分が食べに行くときに大混雑してたりしたらイヤだから…。

 ヒトっていうのはそうゆう思いを持つはずだと。

 …で、だから、井田はほのぼのしていて、お客さんの数がドカンと増えたりしないんだろうなあ…と。

 ウチ的には今の10倍ぐらい来てくれてもぜんぜん大歓迎なんだけど…(笑)。



ブダイ科 / Scaridae
ブチブダイ / Scarus niger Forsskal, 1775



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/10/07(木) 20:39:59Fish trackback:0 comment:0 ブチブダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。