FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

マスダオコゼ
イボオコゼ科 / Aploactinidae
マスダオコゼ / Cocotropus masudai Matsubara, 1943


 地味ネタ一直線!の当ブログですが、今回もまた地味に…。
 見た瞬間は、一瞬だけ焦りました。「ハ…ハダカハオコゼ!?」って(苦笑)。サイズ的に、過去に僕が見たことのあるマスダオコゼの2倍ぐらいの大きな個体だったことと、数年前に見たハダカハオコゼと似たような体色だったこと、そして、台風直後の今日、ここまでにすでに、ヘラヤガラ成魚を見たり、メガネスズメダイ(yg.)を見たり…、他にも南方系の流れ者が何か…と期待していましたし、海中に台風前とは明らかに異なる気配を感じていたから、判断を誤ったのでしょう。でも、ハッキリ言って、ハダカハオコゼとしては太り過ぎですね(笑)。場所的には、かなり多くの人が丁寧に探しているであろう場所です。近頃の人気ネタのすぐそばですから。ただ、わりと目にする機会が少ないこの魚ですが、ネタにするには難しいかもしれません。とにかく隠れてしまいたがる魚ですから。僕が今日見ることが出来たのも、もちろん偶然です(笑)。

マスダオコゼ
イボオコゼ科 / Aploactinidae
マスダオコゼ / Cocotropus masudai Matsubara, 1943




Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/07/28(木) 23:25:23Fish trackback:0 comment:2 マスダオコゼ / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
 マスダオコゼの居るところ。そうだなあ…ベニイザリウオの居そうな場所でカイメン以外って感じかな。わりと何かに寄り添うようにしているところをよく見かけます。前に湾内に出たときは移動範囲が限られていたせいか、同じあたりでしばらく見ることが出来たんだけど、コイツは外海だから難しいかもしれないね。
2005/07/30(土) 21:21:55 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
どーもこんにちわ~。
マスダオコゼいいですねー。
多分ボクは見たことない魚なんですけど、見たことない魚ってどんな場所、シチュエーションにいるかわかんないからなかなか見られないんですよね↓
地味っぽいですけどボクの中ではハダカハオコゼぐらい見たいですねー。

とか言いつつ今週は浮気してIOPに行って来ます(笑)
ネコザメとか東伊豆っぽいのを見てこれたらいいなと思ってます。

来週はちゃんと大瀬に行きますんで。
ではまたー。
2005/07/30(土) 04:08:09 | oka | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.